「悪夢」って体にいいの?!どうして見るの?

LIFESTYLE

「悪夢」って体にいいの?!どうして見るの?

悪い夢は安らかな眠りを壊し、びっくりして目を覚ましたり、汗を流し、叫んだり、時には泣いたりすることもありますよね。アメリカの研究では85%の大人が悪夢を見て、そのうち6%の人が、1週間に1回悪夢を見ていることがわかりました。
でも実は、悪夢は健康にとって良いこともあります。では悪夢の役割を見ていきましょう。

悪夢を見ないために

shutterstock_294018896
ストレスを溜めないことが大切です。
寝ている間は、不安な気持ちを忘れてゆっくりと眠りたいですよね。
でも、残念ながら日中のストレスは夢や悪夢につながり、1日をより疲れさせてしまうことがあります。
寝やすい環境に整えることもオススメです。

心の中を整理する

shutterstock_324427688
悪夢は、起きている間に得た、いろいろな情報を判断して、選んでいることが多いです。
起きている時に、何か未解決だったり、不完全燃焼なことがあったりすると不安になることがあります。
その不安の中で見る悪夢は現実に起こっていることと、テーマが似ていることが多いです。
現実で起きた問題に対して、潜在意識や感情を整理しているのです。

困難から抜けるカギ

shutterstock_268383962
精神科の専門家によると、悪夢は心の健康に良いと言われています。
心の中のネガティブな感情を外に送り出すことができます。
疑問や不安な気持ちになる原因の問題解決とともに悪夢も見なくなります。
悪夢は無意識の中で日生活の中で起こっている問題解決を助ける役割をしているのです。

悪夢を見る人は創造的

shutterstock_267817028
女性は特に夢をより見る人が多いと言われています。
特に、想像力がある人の方が悪夢をよく見る傾向があります。
悪夢は時々現実に起こることの前兆とも言われますが、見た悪夢が、時には日常でのヒントになることもありますよ!

shutterstock_63826084

「悪夢」って体にいいの?!どうして見るの?

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

byBirth編集部

byBirth編集部

byBirth編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事