春の肌荒れの原因とは?私生活での注意点と効果的なスキンケアを紹介!

SKINCARE

春の肌荒れの原因とは?私生活での注意点と効果的なスキンケアを紹介!

春に肌荒れが起こる原因は「バリア機能の低下」「花粉などの刺激」「マスクやティッシュによる摩擦」の主に3つが挙げられます。
春の肌荒れを防ぐスキンケアは「保湿を徹底する」「日焼け止めを塗る」「低刺激な基礎化粧品を使う」ことの3つです。私生活では「睡眠をしっかりとる」「花粉や紫外線を防ぐ装いを意識する」「ストレスをためない」ことが大切です。

普段、肌にトラブルを感じないのに、春になると肌荒れしてしまう方がいます。人から最も見られる顔は、できれば常に調子のよい状態にしておきたいもの。

1年中調子のよい肌をキープするためには、春に肌荒れする原因を理解し、適切に対処することが大切です。本記事では、春の肌荒れの主な原因と、生活習慣の注意点・スキンケア方法について解説します。

春に肌荒れが起こる原因

春の肌荒れ
出典:byBirth

1年のなかでもとくに春に肌荒れが起こってしまうのには理由があります。ここでは、春に肌荒れが起こる原因を3つ紹介します。

肌のバリア機能の低下

春に肌荒れが起こりやすい原因の一つは、外的刺激から肌を守るバリア機能が低下することです。

肌の表面にある角層では、水分と油分がまじりあって油膜をつくり、外的刺激から肌を守るバリア機能が備わっています。しかし、乾燥などによって肌のうるおいが奪われると、油膜が十分に作れずバリア機能が低下します。

とくに春の肌は、冬の間の寒さや湿度低下によってうるおい不足になりがちで、バリア機能が低下しやすく、肌トラブルが起こりやすい状態といえるのです。

花粉などの刺激

スギやヒノキの花粉は、肌に付着すると刺激となり、肌荒れの原因となります。とくに春は風が強く、花粉のほかに黄砂、PM2.5などのアレルゲン物質が飛散しやすいのが特徴です。

健やかな肌であればバリア機能が発動して肌への侵入を防ぎますが、春の肌は冬の乾燥によってバリア機能が低下しているため、ブロックできず炎症が起こりやすくなるのです。

マスクやティッシュによる摩擦

アレルゲン物質の飛散を避けるためのマスクの使用や、鼻をティッシュでかむ行為は、肌に刺激となりトラブルの原因となります。

マスクやティッシュによる摩擦は、さらに肌のバリア機能の低下につながり、肌荒れを悪化させ、かゆみや湿疹を引きおこす恐れもあります。

春の肌荒れを防ぐスキンケア

春の肌荒れを防ぐスキンケア
出典:byBirth

春の肌荒れを防ぐには、毎日のスキンケアでしっかりとケアすることが非常に重要です。ここでは、春の肌荒れを防ぐスキンケアについて紹介します。

保湿を徹底する

バリア機能の低下は、肌のうるおい不足によるものです。毎日のスキンケアでは、保湿を徹底しましょう。

保湿ケアには、化粧水、乳液、クリームの3つを使います。化粧水は、コットンに湿らせて顔全体がひんやりするまで塗布しましょう。化粧水の後は、乳液、クリームの順に重ねてうるおいが逃げないよう保護します。

乳液のみでは、油分が少なく長時間うるおいキープができないため、クリームまでしっかりつけることが大切です。クリームは、美容有効成分の配合量も多いため、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの高保湿成分が配合されているものを使うと、より保湿効果を高められます。

日焼け止めを塗る

春の肌荒れを予防するために、日焼け止めをしっかり塗りましょう。

2月から3月にかけて、地上に降り注ぐ紫外線量は大きく上昇します。紫外線を肌に受けると、乾燥してバリア機能が低下します。また、肌の弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンを減少させて、たるみや大じわといったエイジングを引き起こすことも。

朝のスキンケア時には、毎日日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。

低刺激な基礎化粧品を使う

バリア機能が低下している春の肌には、低刺激な基礎化粧品を使ったスキンケアをおすすめします。

基礎化粧品を選ぶときは、鉱物油、合成界面活性剤、着色料など肌に刺激となる成分が配合されていないものを選びましょう。また、植物エキスの入った自然由来の化粧品は安心して使えます。

とはいえ、どんなに安全性の高い化粧品でも、人それぞれ合う合わないがあるため、購入前にパッチテストをして問題ないことを確認してから使うとよいでしょう。

春の肌荒れを防ぐ生活習慣

睡眠、関係
出典:byBirth

春の肌荒れを防ぐには、生活習慣にも注意し、体の内側からケアすることも重要です。ここでは、春の肌荒れを防ぐ生活習慣について解説します。

睡眠をしっかりとる

春は、とくに睡眠をしっかりとることを心掛けましょう。睡眠は、成長ホルモンを分泌して細胞の修復を行い、肌荒れを治すのに大切な役割を果たします。

しかし、就職、入学、異動など環境が変わりやすい春は、生活習慣が乱れて睡眠時間が十分に取れない人が多くなります。睡眠をおろそかにすると、なかなか肌トラブルは改善できません。

忙しい中でも、できる限り睡眠時間は十分に確保し、肌の修復を促しましょう。

花粉や紫外線を防ぐ装いを意識する

外出時は、花粉や紫外線などが肌に直接触れない装いを意識しましょう。

例えば、日傘、帽子、マスクを着用して顔を覆う、サングラスを着用するなどがあります。マスクについては、摩擦が負担になることもあるため、肌にあたる部分にガーゼなど肌にやさしい素材が使用されているものを選ぶのがおすすめです。

ストレスをためない

ストレスをためない生活も、肌荒れ予防に有効です。ストレスがかかると、体内に活性酸素が生じて肌状態が悪くなり、肌荒れが起こりやすくなります。

とくに環境が大きく変わる春は、知らず知らずのうちにストレスが蓄積して肌状態が不安定になりがちです。

ストレス解消法は自分が心地よいと感じることであれば、どんな方法でも構いません。自分なりの解消法を見つけて、こまめにストレスを取り除くよう心掛けましょう。

まとめ

美肌効果
出典:byBirth

春に肌荒れが起こる原因は「バリア機能の低下」「花粉などの刺激」「マスクやティッシュによる摩擦」の主に3つが挙げられます。

春の肌荒れを防ぐスキンケアは「保湿を徹底する」「日焼け止めを塗る」「低刺激な基礎化粧品を使う」ことの3つです。私生活では「睡眠をしっかりとる」「花粉や紫外線を防ぐ装いを意識する」「ストレスをためない」ことが大切です。

肌の調子が崩れやすい春は、毎日のスキンケアと生活習慣の両面からケアして、健やかな肌を維持できるようにしましょう。

春の肌荒れの原因とは?私生活での注意点と効果的なスキンケアを紹介!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

フェイシャルトリートメントサロン(RIRI Salon)オーナー。美容ライター。
日本化粧品検定1級、JMAメイクアップ技術検定取得済。
これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者様にとって有益な情報を提供します。
https://r1r1salon.com/
http://tokoname.r1r1salon.com/
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594