顔にハリを取り戻すために必要なケア!ふっくらツヤ感で若々しい印象に

SKINCARE

顔にハリを取り戻すために必要なケア!ふっくらツヤ感で若々しい印象に

肌の弾力が失われると、影、毛穴、跡、小ジワなどによって肌に色むらや凹凸感が出たり、ほうれい線やフェイスラインのたるみなどのエイジングサインが表れて、見た目に影響がでます。
顔のハリが失われる原因として、「加齢」「筋肉の老化」「紫外線」「乾燥」「糖化」の5つが挙げられます。
ハリをよみがえらせるために必要なケアは、「真皮まで届く基礎化粧品を使う」「顔の表情筋を鍛える」「肌の弾力を出す食べ物をとる」ことの3つです。

若々しさの象徴といえば、顔のハリ感。しかし、肌の弾力は年齢とともにどんどん失われていき、とくに30歳を過ぎてから一気に老化が加速します。

肌にハリ感を保ち若々しくいるためには、日々効果的なお手入れや生活習慣を意識することが大切です。

本記事では、顔にハリを取り戻すために必要なケアについて解説します。

顔のハリセルフチェック

顔のハリセルフチェック
出典:byBirth

まず、自分の顔にハリがあるかチェックしてみましょう。ハリ感は見ただけでは分かりにくいため、実際に手で触れて確認します。自分の肌状態をきちんと知ることで、必要なケアが分かりますよ。

チェック項目は次のとおりです。

  • 目の下にクマのような影がある
  • 鼻から頬上部の毛穴が目立つ
  • 目尻のシワが目立つ
  • 頬を指でしばらく押して離すと、跡が残ってしばらく消えない
  • ほうれい線が目立つ
  • 頬の位置が下がり、フェイスラインがぼやける

上記の項目に一つでも該当すれば、肌のハリが失われていると判断できます。

肌の弾力が失われると、影、毛穴、跡、小ジワなどによって肌に色むらや凹凸感が出て見た目に影響がでます。とくに、ほうれい線やフェイスラインのたるみなどエイジングサインが気になる方は、肌老化が進んでいるため早急な対処が必要です。

顔のハリが失われる原因

顔のハリが失われる原因
出典:byBirth

冒頭で、顔のハリが失われる原因に加齢を挙げましたが、ほかにもいくつかあります。ここでは、顔のハリが失われる原因を5つ紹介します。

加齢

加齢によって肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが減少することで、ハリが失われます。また、年々それらの生産力も低下するため、なかなか改善が難しいのが特徴です。

筋肉の老化

筋肉も肌の弾力を保つのに重要な役割を担っていますが、加齢や運動不足によって筋肉量が減るとハリが失われます。

紫外線

紫外線は、肌の組織を破壊してダメージを与えます。とくにUV-A波は真皮まで到達してコラーゲンやエラスチンを破壊するため、肌のハリが失われる大きな原因です。

乾燥

肌が乾燥すると、ふっくら感がなくなりハリが失われます。外的刺激から肌を守るバリア機能も低下するため、肌荒れやニキビなど他のトラブルも引き起こしてしまう恐れがあります。

糖化

糖化とは、体内のたんぱく質と糖が結びついてAGEsを生成し、肌老化を促進させます。糖化が起こりやすくなる原因として、糖分の過剰摂取、早食い、運動不足、過度な飲酒が挙げられます。

糖化をそのまま放置すると、肌のハリが失われ、シワ・たるみなどのエイジングサインが目立つようになるのです。

顔のハリを取り戻すために必要なケア

顔のハリを取り戻す
出典:byBirth

失った顔のハリを取り戻すために、普段のお手入れや生活習慣で改善を試みましょう。ここでは、顔のハリを取り戻すために必要なケアを3つ紹介します。

真皮まで届く基礎化粧品を使う

肌のハリを取り戻すためには、真皮まで有効成分が届く基礎化粧品を使ったお手入れをしましょう。

肌の弾力は、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを増やし活性化することでよみがえります。真皮まで届く基礎化粧品はエイジングケアラインとなり、高額になりがちで敬遠されやすい傾向にあります。

しかし、化粧品の効果をしっかりと感じるためには、トラブルの起こっている部分にアプローチするものを選ぶことが重要です。

肌のハリ感を確実に解消したいなら、真皮にアプローチできる化粧品を使うようにしましょう。

顔の表情筋を鍛える

顔のハリを保つために顔の筋肉を鍛えることは重要です。表情筋を鍛えるエクササイズを普段の生活に取り入れてみましょう。

ここでは、簡単で即効性のある「あいうえお体操」のやり方を解説します。

  1. 目と口を大きく開き、「あー」と発声する。
  2. 口を左右に広げて、「いー」と発声する。
  3. 唇を尖らせ、顔の中心を意識して「うー」と発声する。
  4. 口角を引き上げ、「えー」と発声する。
  5. 口を縦に広げ、顔を上下に引きのばすように「おー」と発声する。

あいうえお体操は、1日10回を目安に行いましょう。道具も要らず簡単にできるため、家事や仕事のすき間時間にできます。

顔全体の筋肉をしっかりと使えるため、血流がよくなり肌の生まれ変わりが促進されるため、肌のハリ感がアップする効果が期待できます。

肌の弾力を出す食べ物をとる

肌の弾力は、食べ物から有効な栄養素を摂ることでも高められます。ハリを取り戻すために、積極的に摂りたい栄養素は次の通りです。

たんぱく質

肉、魚、卵、大豆製品に多く含まれる成分で、肌の細胞のもととなります。コラーゲンを形成し、肌にハリやツヤを与える効果が期待できます。

ビタミンA

レバー、ニンジン、モロヘイヤ、ホウレンソウなどに多く含まれており、肌のターンオーバーを促します。抗酸化作用もあり、紫外線による活性酸素を除去して肌の老化を防ぐ効果が期待できます。

ビタミンC

キウイ、グレープフルーツなどの果物、かぼちゃ、ブロッコリー、トマトに多く含まれています。抗酸化作用が高く老化を予防するほか、コラーゲンの生成を促し肌の弾力をよみがえらせます。

ビタミンE

アーモンド、ピーマン、大豆製品、うなぎなどに含まれており、血液循環をよくしてターンオーバーを促進します。ホルモンバランスを整える効果もあり、女性らしいふっくらとしたみずみずしい肌づくりに役立ちます。

まとめ

肌の弾力
出典:byBirth

肌の弾力が失われると、影、毛穴、跡、小ジワなどによって肌に色むらや凹凸感が出たり、ほうれい線やフェイスラインのたるみなどのエイジングサインが表れて、見た目に影響がでます。

顔のハリが失われる原因として、「加齢」「筋肉の老化」「紫外線」「乾燥」「糖化」の5つが挙げられます。

ハリをよみがえらせるために必要なケアは、「真皮まで届く基礎化粧品を使う」「顔の表情筋を鍛える」「肌の弾力を出す食べ物をとる」ことの3つです。

ハリに有効なスキンケアと生活習慣で、ふっくらツヤ感のある若々しい印象のお顔を取り戻しましょう!

顔にハリを取り戻すために必要なケア!ふっくらツヤ感で若々しい印象に

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

フェイシャルトリートメントサロン(RIRI Salon)オーナー。美容ライター。
日本化粧品検定1級、JMAメイクアップ技術検定取得済。
これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者様にとって有益な情報を提供します。
https://r1r1salon.com/
http://tokoname.r1r1salon.com/
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594