「腹筋エクササイズ」で下半身痩せ!?下半身痩せ効果も期待できる「腹筋エクササイズ」

BODY CARE

「腹筋エクササイズ」で下半身痩せ!?下半身痩せ効果も期待できる「腹筋エクササイズ」

「腹筋エクササイズ」と言えば、「お腹痩せ」や「お腹引き締め」が連想されますが、中には下半身痩せにも有効と言える腹筋エクササイズも!
そこで今回は、「下半身痩せ効果も期待できる2つの腹筋エクササイズ」をご紹介します。

「下半身痩せ」にも有効な2つの腹筋エクササイズ

それでは早速、「下半身痩せにも有効と言える腹筋エクササイズ」を2つご紹介していきましょう。

一つは床に仰向けになって行うので、フローリングの上で行う場合は、ヨガマットや大きめのバスタオルをご用意していただくことをお勧めします。

(1)リバースクランチ

リバースクランチ
出典:byBirth
  1. 両膝を立てて仰向けになり、両腕はカラダの横に「ハの字」に構えて、手のひらを天井に向けるようにします。そうすることで、手による反動が使えなくなるからです。
  2. 膝と股関節を90度に曲げて、左右の膝と足をしっかりくっつけ、息を吐きながら「仙骨」という腰とお尻の間にある骨が床から離れるところまで骨盤を起こし、息を吸いながら起こした骨盤をゆっくり下ろすという動作を繰り返します。そうすることで「腹直筋下部」と内ももの筋肉である「股関節内転筋群」に効かせることができます。

15~20回を1分程度の休憩を挟みながら、3セット行います。

「内ももの筋肉」に効かせるには…

膝と足をしっかり閉じることで、股関節内転筋群にも効かせることができるようになります。そのためエクササイズ中は、膝と足が離れないように心がけましょう。

「腹直筋下部に効いた感じがしない」という場合の対処法

腹直筋下部に効かないという場合、下腹部を支点に骨盤を起こすように意識してみましょう。

もしくは、骨盤を起こした際、両膝をお腹に入れるイメージで行うと、腹直筋下部への効果が感じられるようになるかと思います。

注意すべき点

反動をつけて骨盤を起こさないようにしましょう。骨盤を下ろす際も、なるべくゆっくり下ろすように心がけましょう。

(2)スタンディング・ドローイン

スタンディング・ドローイン
出典:byBirth
  1. 左右のかかとをしっかりつけて、つま先をできるだけ大きく外側に開いて立ちます(写真左)。
  2. 内ももをしっかり閉じるようにして、片方の手でおへそを覆うようにします。
  3. 肩甲骨を内側に寄せてしっかりと胸を張り、おへそを覆った手から遠ざけていくようにお腹を凹ませていきます(写真右)。お腹を凹ませた状態を20~30秒間キープします。

このエクササイズを行うことで、腹筋群のうち深層部にある「腹横筋」と股関節内転筋群、そしてお尻の筋肉である「梨状筋」に効かせることができます。

お腹を凹ませた状態で20~30秒間静止し、1分程度の休憩を挟みながら3セット行いましょう。

「腹横筋」に効かせるポイント

腹横筋に効かせるには、おへそ辺りをできるだけ最大限に凹ませることがポイントとなります。

それでもうまくお腹を凹ませることができず、腹横筋への効果を感じない場合は、肩甲骨を内側にしっかりと寄せるようにしてみましょう。そうすると、お腹を凹ませやすくなり、腹横筋への効果が感じられるようになります。

「スタンディング・ドローイン」でお尻の筋肉に効かせるコツ

お尻の筋肉である梨状筋に効かせるには、左右のかかとをしっかりつけて、つま先をできるだけ大きく外側に開いて立つことが重要です。その上で内ももをしっかり閉じるようにすると、股関節内転筋群だけでなく梨状筋にも効かせることができるようになります。

注意すべき点

エクササイズ中は、呼吸が止まらないように気をつけましょう。

腹筋エクササイズが「下半身痩せ」にも有効な理由

それではなぜこれらの腹筋エクササイズが下半身痩せにも効果的と言えるのでしょうか。その理由は、下半身太りをも引き起こすと考えられる「骨盤の開き」の改善につなげることができると言えるからです。

骨盤が開いた状態になると、それに伴い大腿骨も外に開きやすくなります。いわゆる「O脚」と呼ばれる状態です。すると血液とリンパの流れが妨げられるので、老廃物や不要な水分が蓄積し、「むくみ」をもたらします。

不要な水分が溜まると冷えやすくなり、脂肪が蓄積してしまいます。その結果、「下半身太り」が起こると考えられます。

腹筋エクササイズが「下半身痩せ」にも有効な理由
出典:byBirth

「骨盤が開いた状態」というのは、本来逆三角形のような形をした骨盤が、台形のような形をした状態を言います。すなわち、骨盤の下の部分が開いた状態です。

骨盤の下には「恥骨」と「坐骨」があるので、これらが外に開いた状態ということです。恥骨には腹筋群と股関節内転筋群が付いているため、恥骨が開いた状態になるとこれらの筋肉も緩んだ状態になると言えます。そこで、腹筋群と股関節内転筋群をエクササイズで強化することで、骨盤の開きの改善につなげることができると言えます。

「腹筋エクササイズ」は下半身痩せプログラムの一部にすぎない!

「腹筋エクササイズ」は下半身痩せプログラムの一部にすぎない
出典:byBirth

今回ご紹介した腹筋エクササイズは、下半身太りの“引き金”となる骨盤の開きの改善につなげることができますが、下半身痩せさせるにはこれだけでは不十分です!

「リバースクランチ」や「スタンディング・ドローイン」は、あくまでも下半身痩せプログラムの一部にすぎないということを、頭に入れておきましょう。

下半身痩せしたい人にお勧めなトレーニングプログラムは、「脚を細くしたいけれど時間がない人のための『20分間下半身痩せプログラム』」でご紹介しておりますので、このプログラムと合わせて今回ご紹介した腹筋エクササイズを行っていただくとより効果的です。

早速実践してみてください!

「腹筋エクササイズ」で下半身痩せ!?下半身痩せ効果も期待できる「腹筋エクササイズ」

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

町田晋一

町田晋一パーソナルトレーナー

パーソナルボディメイクシナプス代表。健康運動指導士。元陸上自衛隊非常勤体育講師。東京都渋谷区、新宿区のパーソナルトレーニングジムでダイエットやお腹痩せ、下半身痩せなどのサポートをする一方、パートナーストレッチセミナー講師としても活動中。

https://ameblo.jp/machi-log0812/