正しい洗顔の仕方を伝授!これまでの方法を見直して美肌力を高めよう!

BEAUTY NEWS

正しい洗顔の仕方を伝授!これまでの方法を見直して美肌力を高めよう!

洗顔料には「石鹸」「クリーム」「ジェル」「泡」「粉末」の5種類あるため、肌質や生活スタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。
洗顔は「水温」「洗い方」「洗顔時間」「洗顔回数」「水気のふき取り方」の5つに注意して行うことが大切です。

多くの人が身だしなみとして毎日行い、習慣化している洗顔。洗顔は、肌を健やかに保つために欠かせないスキンケアの1つです。

とはいえ、洗顔もやり方が誤っているとかえって肌を傷つけ、乾燥やニキビなどのトラブルを起こしやすくなるため注意が必要です。

本記事では、正しい洗顔の仕方をお伝えします。洗顔は「水温」「洗い方」「洗顔時間」「洗顔回数」「水気のふき取り方」の5つに注意して行うことが大切です。

洗顔について

洗顔について
出典:byBirth

正しい洗顔の仕方を知る前に、洗顔について詳しく知っておきましょう。洗顔について知っておくと、必要性が分かりモチベーションの維持に繋がります。

ここでは「洗顔の役割」と「洗顔料の種類」について説明します。

洗顔の役割

洗顔は、肌に付着した汗、皮脂、ほこりなどの水溶性の汚れを落とす役割があります。肌はうるおいを保つために絶えず汗と脂を分泌させており、空気に触れると酸化して汚れが溜まります。また、顔は常に外部に露出されているため、ほこり、大気汚染物質などが付着しやすくなっています。

肌には、汚れを落とす機能がないため、洗顔をしないと毛穴に汚れが溜まり、ニキビなどの炎症を引き起こします。また、毛穴に汚れが詰まると、後に使用する化粧品の浸透力が悪くなり、効果を実感しにくくなります。

洗顔は、肌を清潔に保ち、化粧品の浸透をよくするために非常に重要な役割を果たしています。

洗顔料の種類

洗顔料には次の5種類あります。自分の肌質や生活スタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

石鹸

洗顔料の中でも洗浄力が高く、汚れをしっかりと落とします。皮脂も落としてさっぱり感があるため、テカりやすい脂性肌の人におすすめの洗顔料です。

クリーム

柔らかいペースト状の洗顔料で、水と混ぜて泡立たせて使用します。洗浄力は石鹸よりは弱く、肌のうるおいを残しながら優しく洗い上げます。肌の乾燥が気になる人におすすめの洗顔料です。

ジェル

水分量が多く、さっぱりとした洗い心地の洗顔料です。過剰な皮脂分泌によるニキビが気になる人や、夏の暑い日用に使用する人が多くいます。

専用の容器のポンプを押すと、泡状になって出てくるタイプの洗顔料です。洗顔料を泡立てる必要がないため、時間短縮ができ、忙しい人や手間をかけたくない人に人気があります。

粉末タイプ

少量の水と混ぜて泡立てて使用します。酵素が配合されているものが多く、洗浄力が高めでタンパク汚れの分解もできます。

正しい洗顔について

正しい洗顔について
出典:byBirth

洗顔は、肌を清潔で美しく保つために大切です。とはいえ、正しい仕方で行わないと、かえって肌に負担をかけて傷つけてしまう恐れがあります。

ここでは「洗顔をするときの注意点」と「正しい洗顔の仕方」について説明します。

洗顔をする時の注意点

洗顔をする時は、次の5つの点に注意して行いましょう。

水温

洗顔は35℃程度のぬるま湯で行うことが大切です。熱いお湯は、肌の皮脂を奪い乾燥させて、シワなどの肌トラブルを起こしやすくなります。一方、冷たい水は、汚れ落ちが悪くなり洗浄力が低下します。

洗顔は正しい水の温度を守って行いましょう。

洗い方

洗顔料は、しっかり泡立ててから肌にのせ、泡を転がすようにして洗います。泡立ちが弱くゴシゴシすると、手のひらと顔の間で摩擦が起こり、肌を傷つけることになります。

洗顔は、手のひらを返しても落ちないくらい弾力のある泡で行いましょう。

洗顔時間

洗顔時間は長すぎても短すぎてもよくありません。理想の洗顔時間は、1~1.5分です。

時間が長すぎると、汚れ戻りが起こって肌に負担がかかるため、速やかに済ませるようにしましょう。

洗顔回数

洗顔の回数は、1日朝晩の2回にとどめましょう。2回以上洗顔をすると、肌に必要な皮脂まで取れてしまい、乾燥の原因となります。

乾燥すると、シワなどの肌老化の原因となり、皮脂の分泌も増えるため、テカりやニキビを引き起こすこともあります。

水気のふき取り方

洗顔後の水気のふき取りは、柔らかいタオルをポンポンと押し付けるようにして優しく行うことが大切です。タオルによる摩擦は肌を傷つける恐れがあり、肌内部の水分蒸発を起こして乾燥にもつながるため注意しましょう。

正しい洗顔の仕方

正しい洗顔の仕方
出典:byBirth

上記の注意点を踏まえて、正しい洗顔の仕方は次のとおりです。

  1. 手を洗う。
  2. 35℃程度のぬるま湯で予洗いする。
  3. 洗顔料を泡立てる。
  4. 泡を額、鼻、あご先にのせて、優しく洗う。
  5. 泡を両頬にのせて、優しく洗う。
  6. 泡を目元口元にのせて、なでるようにやさしく洗う。
  7. すすぎ残しのないように、しっかりと洗い流す。
  8. 清潔なタオルで水気をとる。

洗顔を始める前は、手を石鹸で洗い清潔にしておきましょう。手に汚れが付いた状態で洗顔をすると、雑菌が繁殖して肌トラブルを起こしやすくなります。

洗顔料は、しっかりと泡立てて使用します。泡は、手のひらを返しても落ちないほど弾力のあるくらいが理想です。

泡を顔の上を転がすようにして洗い、できる限り摩擦が起こらないように配慮しましょう。

洗顔後のすすぎは、30回以上が目安です。洗い残しがあると、ニキビや肌荒れの原因となるため、鏡を見てすすぎ残しがないか確認しながら行うことをおすすめします。

まとめ

洗顔
出典:byBirth

洗顔は、肌を清潔に保ち、化粧品の浸透をよくするために非常に重要な役割を果たしています。

洗顔料には「石鹸」「クリーム」「ジェル」「泡」「粉末」の5種類あるため、肌質や生活スタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。洗顔は「水温」「洗い方」「洗顔時間」「洗顔回数」「水気のふき取り方」の5つに注意して行うことが大切です。

これまでの洗顔方法を見直し、正しい仕方を身につけ、美肌力を引き出しましょう!

正しい洗顔の仕方を伝授!これまでの方法を見直して美肌力を高めよう!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/