30代におすすめのマスカラとは?品のある大人っぽい目元をつくろう

MAKEUP

30代におすすめのマスカラとは?品のある大人っぽい目元をつくろう

30代は、マスカラのなかでも品のあるまつげに仕上げるものを選ぶことが大切です。
30代におすすめのマスカラは「まつげにあったブラシの形状」「育毛成分・美容成分配合」「にじみにくさ」の3つで選びましょう。

30代を迎えると、まつげに元気がなくなり目元が寂しいと感じるようになります。そこでマスカラを使うと、まつげを装飾し健康的に見せられます。

しかし、マスカラには多くの種類がありそれぞれ効果が違うため、どのマスカラを使えばいいのか悩むかたも多くいます。

本記事では、30代におすすめのマスカラの特徴について説明します。30代におすすめのマスカラは「まつげにあったブラシの形状」「育毛成分・美容成分配合」「にじみにくい」という3つの特徴があります。

30代のまつげについて

30代のまつげについて
出典:byBirth

30代になるとまつげの質が変化していきます。ここでは「30代のまつげの特徴」と、「30代が目指すまつげ」について説明します。

30代のまつげの特徴

30代のまつげは、10代や20代の若いころに比べてハリコシがなくなり、ささいな衝撃にも耐えられず抜けやすくなります。

まつげが抜けやすくなる原因は、年齢に伴い体の新陳代謝が落ちて、まつげのターンオーバーが乱れるからです。ターンオーバーが乱れると、新しい細胞が生まれにくくなり、まつげの成長が停滞します。

これによって、まつげに元気がなくなり、目元が寂しい印象になっていきます。

30代が目指すまつげ

30代が目指すまつげは、健康的でかつ品のあるまつげです。まつげの装飾には、マスカラを使いましょう。マスカラは、まつげを太く長く見せ、健康的な目元をつくります。

とはいえ、マスカラをつけすぎてバサバサしたまつげは、品がなく30代には相応しくありません。また、ダマが束間のあるまつげも品がなくだらしない印象を与えます。

30代は、マスカラを使ってまつげ1本1本を丁寧にコーティングし、ナチュラルで品のあるまつげを目指しましょう。

30代におすすめのマスカラの特徴

30代におすすめのマスカラの特徴
出典:byBirth

30代におすすめのマスカラの特徴は、「まつげにあったブラシの形状である」「育毛成分・美容成分配合」「にじみにくい」の3つです。ここでは、それぞれについて説明します。

まつげに合ったブラシであること

まつげに合ったブラシであること
出典:byBirth

マスカラを選ぶときは、ブラシの形状が自分のまつげにあっているかが重要です。ここでは、ブラシの形状別にあうまつげの特徴を紹介します。

ブラシがゴム状

ゴム状のブラシは、弾力性があります。反発力でまつげの密着を予防するので、まつげ同士がくっつきやすい人におすすめです。

ブラシの毛が離れている

コームのような形状をしているので、まつげ1本1本に均等につけられます。ゴム状ブラシと同様に、まつげ同士がくっつきやすい人におすすめです。

また、マスカラ液がブラシに多くつかないので、液が皮ふなどにつきやすい人にも使いやすいアイテムです。

ブラシがコンパクト

ブラシが小さく小回りが利くので、まつげの細かい部分まで塗れます。とくに、まつげの毛量が少ない人や細い人などは、簡単に塗りやすくおすすめです。

【30代が避けたいマスカラブラシの特徴】

上述のマスカラブラシに対して、30代のまつげに合わないブラシの特徴は次のとおりです。

  • マスカラ液が大量に絡みつく
  • 繊維が濃くて粗い
  • ブラシが長くて大きい

マスカラ液が濃く、繊維が粗いものを使うと、まつげにボリュームはでるものの、ダマができやすくバサバサした品のないまつげになります。

また、ブラシが大きいマスカラは、細かい部分が塗りにくく、皮ふにつくなど失敗も起こりやすい点でも避けたほうがよいでしょう。

育毛成分・美容成分が配合されていること

育毛成分・美容成分が配合されていること
出典:byBirth

30代のまつげには、育毛成分や美容成分が配合されたマスカラを使うことをおすすめします。栄養成分が入ったマスカラを使えば、弱ったまつげに栄養を与え健やかに保てます。

まつげへの栄養補給は、まつげ美容液を使ってもできます。ですが、マスカラであれば、メイクとケアが同時にできるのでまつげ美容液よりも便利です。

マスカラによく配合されている育毛成分や美容成分は次のとおりです。

パンテノール

パンテノールには、まつげの育毛効果があります。細胞を活性化して新陳代謝を高めるので、ハリコシのある丈夫なまつげの成長を促せます。

ミリストイルペンタペプチド-17

ミリストイルペンタペプチド-17はまつげ専用に作られた成分で、まつげの毛根に栄養を供給して、育毛スピードを早める効果があります。

また、目の近くに使用するため、安全性にも配慮して作られています。

保湿成分

保湿成分はまつげの乾燥を防ぎ、傷みを軽減させる効果があります。

マスカラに配合されている保湿成分は、セラミド、ヒアルロン酸、グリセリン、コラーゲンなど多くあります。なかでもセラミドが配合されているマスカラは、保湿成分の中でも高い保湿効果があるので、まつげの乾燥予防に非常に役立ちます。

速乾性がありにじみにくいこと

速乾性がありにじみにくいこと
出典:byBirth

30代のマスカラは、速乾性がありにじみにくいものを選びましょう。年齢を重ねると、涙腺が緩み涙が出やすくなります。涙でマスカラがにじむとパンダ目になり、だらしのない印象を与えます。

ウォータープルーフタイプのマスカラなどは、汗水に強くにじみにくいのでおすすめです。とはいえ、落とすには専用のクレンジングが必要だから面倒と思う人も多くいます。

しかし最近は、お湯でオフできるタイプのマスカラも増えています。できる限りオフに手間をかけたくない人は選ぶことをおすすめします。

まとめ

30代のまつげ
出典:byBirth

ハリコシを失った30代のまつげは、マスカラで装飾し健康的に見せられます。また、マスカラのなかでも品のあるまつげに仕上げるものを選ぶことが大切です。

マスカラを使って、30代に相応しい品のある大人っぽい目元をつくりましょう。

30代におすすめのマスカラとは?品のある大人っぽい目元をつくろう

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/