アラフォー・アラフィフが教える!若いうちに“しなければ良かった”こと7つ

LIFESTYLE

アラフォー・アラフィフが教える!若いうちに“しなければ良かった”こと7つ

「今が良ければOK♪」なんて思っていると、将来的に後悔をすることになるかも?!10年後、20年後に後悔をしないためにも、人生の先輩の声に耳を傾けましょう。「アラフォー・アラフィフが教える!若いうちに“しなければ良かった”こと」って?

1.眉毛を抜く

young brunette with short hair woman make-up. girl Cosmetic.

太眉ブームの今、過度に眉を抜いている人は少数派かもしれません。だけど、やっぱり中には「ロクな位置に生えない」と、自眉を抜いている人もいるのでは?眉の形にはトレンドがあります。今“ロクな位置”でなくても、数年後にはベストな位置になるかもしれません。

眉を抜くことは、目周りの皮膚をひっぱるためシワの原因に。また、抜くことにより、毛根がダメージを受けて、新しい毛が生えにくくなってしまうこともあるのです。

年を取ると髪の毛が薄くなる人がいるように、眉も薄くなりやすくなります。毛量の多い髪と眉は、若く見る条件。少しでも老け見え要素を減らせるよう、若いうちから生えている毛を大事にしましょう。

いらない眉は、抜くのではなく、「切る」、「剃る」が正しい選択です。

2.過度な日焼け

太陽を浴びる女性

「今の日焼けは10年後のシミになる」と、大人が話しているのを聞いたことはないでしょうか。紫外線対策を怠ると、確実にシミやシワが発生しやすくなります。

夏はどんなに暑くても長袖を着て、日傘とサングラスで日中は屋根の下に・・・・・・なんてレベルまで意識をする必要はありませんが、日焼け止めは、1年を通して塗るようにしましょう。

野外でのスポーツを好む方や、日焼け肌派の方も、顔だけは日焼けをしないように気をつけて。白い顔と焼けたボディは、ファンデーションで色を合わせるようにしましょう。

3.10代のうちからのメイク

Mother and daughter applying makeup

おマセな女の子は、中学生の頃からバッチリメイクをし出すことでしょう。ですが、大人になって思うのが、「昔バッチリメイクをしていた人ほど肌が老けている」です。

素肌が綺麗なうちは、日焼け止めを塗るのみにし、ファンデーションは塗らない方が、今も未来も綺麗でいられます。また、あまり若い頃からバッチリなアイメイクをしていると、クレンジングでの負担が大きくなってシワの原因になることも!強い洗浄力の洗顔を毎日するもの、乾燥肌を招きます。

何もしなくても充分魅力的な年齢のときは、なるべく将来少しでも長い期間綺麗でいれるよう、余計なことはしないのがベター。「週末だけ」、「デートの日だけ」など、メイクをする日を限定させて。

4.雑なスキンケア

shutterstock_80750635

20代後半になり、肌質の変化や肌の衰えを感じる頃まで、スキンケアに重きを置いていない人って意外と多い。ですが、表に変化が現れてからのケアでは遅いのです!もちろん、「遅い」と諦めずに気がついたら即開始をして欲しいのですが、理想は変化が現れる前に始め、変化を少しでも遅らせること!

高校を卒業し、本格的なメイクをするようになったら、スキンケアも本格的に開始をしましょう。化粧水・乳液の2ステップでOKなので、それにたっぷり時間をかけ、優しく丁寧に行なうようにしてみて下さい。

若いときは、目の大きさや鼻の高さ・顔の小ささなどが美人の条件でしたが、大人になると、そんなことよりも肌が綺麗がどうかが判断基準となるのです。

5.タバコ

タバコを吸う女性

タバコは、肌のためには“百害あって一利なし”。肌のシワやくすみなどの劣化の原因になります。交際中の彼氏やお友達に影響されることなく、「吸わない」姿勢を貫くことが、あなたの未来の肌のためになるので、好奇心や団体行動に流されないで!!

いずれ必ず、「タバコを吸わなくて良かったな」と思うときがやってきます。

6.ニキビをつぶす

I'm sure this will go away if I pop it...

10代のニキビ、20代の吹き出物って“今すぐ治したい”一心で、ついついつぶしたくなってしまいがち。ですが、その場しのぎでつぶすと、クレーター状のニキビ跡となり、メイクで隠すことすら困難になってしまいます。

皮脂分泌が可能な10代や、ホルモンバランスの影響を受けやすい20代30代は、ニキビができてしまうのは仕方のないこと。市販のニキビ薬を使用しても治らない場合は皮膚科へ行くのがベストです。

7.食事制限のみのダイエット

食事を我慢する女性

運動をせず、食事制限のみでのダイエットをするのはとっても危険。若いうちはそれでも痩せることができるけれども、大人になると、筋肉量が減ってしまい基礎代謝が落ち、どんどん痩せにくい身体になってしまいます。

また、それだけでなく、シワやたるみの原因に。大人になると、顔のみでなく、身体の皮膚もたるむのです。年齢を重ねてもハリのある身体を保つためには、栄養バランスの整った食事を取ることを意識し、痩せるためには運動をすることと、余計な食事を減らすことが大切です。

「人生の先輩の声」を聞くか聞かないかで未来が変わる!

Real People: Head Shoulders Smiling Hispanic Mother and Teenage Daughter

年配の女性や母親に、口うるさく「これはだめ」、「あれもだめ」と指示をされるのって、なんだかすごくイライラしてしまうこともありますよね?!ですが、先人たちは、経験に基づく根拠があった上で、発言をしていると言うのを忘れずに。耳を傾け分だけ、未来のあなたは綺麗でいられるのです。

「あの時、あぁしていれば良かった」と後悔しないためにも、「人生の先輩の声」も参考にしてみてはいかがでしょう?

※筆者の個人的見解です。

アラフォー・アラフィフが教える!若いうちに“しなければ良かった”こと7つ

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

byBirth編集部

byBirth編集部

byBirth編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事