結果”モテ”たい!2017年版「モテメイク」とは?

MAKEUP

結果”モテ”たい!2017年版「モテメイク」とは?

少し前まで、「モテメイク」と言えば、”ぷっくりとした涙袋”や”ぷるぷるの唇”なんかが主流でしたが、そのメイクテク、ちょっと古いですよ!今はどんなメイクをすればモテるの?2017年版のモテメイクを教えます!

眉のポイントは「細く」・「薄く」・「短く」

woman eye

お手本は、”モテ”のアイコンである石原さとみさんや深田恭子さんの眉。彼女たちの眉は、やや細めで角度があまりなく、なだらか。そして薄めで短いのが特徴です。メイク後の目の横幅(つまり、メイクで拡大した目尻)と同じくらいの長さで眉尻をストップするようにすると良いでしょう。これで、ふんわり優しげな「モテ眉」が完成します。

眉を描くときは、パウダーで毛のないところ埋めてあげる程度でOK!なるべく角度をつけないように、ふんわりと描いていきましょう。毛のあまり生えていない方は、リキッドアイブローが便利です。

エクセル  ロングラスティングアイブロウ

1,400円(税抜)


出典:@cosmeより

リキッドとパウダーが1本になった、スーパーウォータープルーフのアイブロウ。汗・皮脂・水に強く、夜まで眉が消える心配がありません。これ1本で、ずっとモテ眉をキープできることでしょう。

シアーな赤リップは”モテ”る

Blondes

「赤リップ=モテない」「リップメイクはピンクのグロスくらいが一番モテる」と思っていませんか?これも実際古い考え!!既出の石原さとみさん・深田恭子さんも赤リップが好きと公言しています。では、モテる赤リップてどんななの?答えは簡単。「シアー感」です。

唇が透けるような赤はむしろセクシー。可愛いと色っぽいが合わさった赤リップは無敵です。毒っ気のある赤より、イチゴジャムのような色を選ぶとさらにモテ。

CHICCA(キッカ) メスメリック リップスティック 31 ムーンファイアー

3,800円(税抜)


出典:@cosmeより

透明感のある美しい発色とシアーで潤うつけ心地が人気のキッカのリップスティック。31番は、軽やかなピンクレッドカラーでまさに「モテレッド」と言えるでしょう。

涙袋メイクの代わりに目の”下キラリ”

Young girl problems around the eye

涙袋にパールやラメを加えて目をうるうるさせるのはもう卒業。涙袋の下に陰をつけるメイクもちょっと古いです。だけど、目の下に明るさを持ってくるのは、表情を明るくイキイキと見せるのには欠かせないメイクです。

そこで、涙袋を強調する代わりに目の下に▽(逆三角形)にハイライトを入れてみて!ここを明るくすることで、目の印象も強くなるし、肌も綺麗に見えるととにかく良いことしかありません。薄めのクマなら光の効果でカバーもできちゃいますよ。

RMK グロースティック

2,000円(税抜)


出典:@cosmeより

ツヤで立体感を出すタイプのハイライター。保湿成分が含まれているため、乾燥しやすい目の下を優しく保湿しながら光を集めてくれます。午後、疲れが気になる表情ジワのリカバリーにも使えます。

下まぶたに”パステル”カラー

Portrait of young beautiful woman on a background of flowers

「何言っちゃってるの?モテメイクの基本はブラウンでしょ?カラーメイクなんて絶対ダメ!」と、これまでのモテメイク概念だと感じますよね?だけど、通年でカラーメイクを取り入れることが定番化した今、逆にブラウンだけだと周りと同化し、「つまらない女」になってしまい、目を引かないのです。むしろ、上手にカラーメイクを取り入れている女性はオシャレでモテ!

とは言え、あまり攻めすぎたメイクはやはりまだ理解されにくい・・・。モテのためにはパステルカラーを下まぶたのみに取り入れるようにしましょう。下まぶたは、上まぶたより主張が弱くどんな目の形の方でも同じ条件でメイクが出来る場所。また、「涙袋メイクをやめた結果、下まぶたのメイク方法がよく分からない・・・。」と悩む方も、これで解決することでしょう。

 ルナソル カラフルスカイアイズ

全4種(うち限定1種)・5,000円(税抜)


出典:@cosmeより

虹を思わせるカラフルなアイシャドウ。お気に入りの一色を、下まぶたのキワにスーッとなじませて。ルナソルらしい上品なツヤと発色は、控えめなのに可愛らしく、「狙い通り」の目元に仕上げてくれることでしょう。

2017年のモテはトレンドと上手く両立を

顔を寄せ合うカップル

「モテとトレンドは一致しない」というのはもう過去のこと。今は、トレンドを上手に取り入れているオシャが女子こそがモテるんです。大事なのはバランスとシアー感。優しさの中に自己主張があるほうが、メイクも女もモテるってこと♪

結果”モテ”たい!2017年版「モテメイク」とは?

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

byBirth編集部

byBirth編集部

byBirth編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事