美容液ファンデーションの特徴と正しい選び方!おすすめNo.1のアイテムもご紹介

MAKEUP

美容液ファンデーションの特徴と正しい選び方!おすすめNo.1のアイテムもご紹介

美容液ファンデーションの特徴は、ファンデーションに美容液成分が配合されていることです。「肌質」「仕上がりのイメージ」「配合成分」で選びましょう。
筆者おすすめの美容液ファンデーションとして、効果、使用感、仕上がりなど総合的に判断し、「スペチアーレ 薬用デイセラム」を紹介させていただきます。

最近注目を浴びている美容液ファンデーション。普段のファンデーションから美容液ファンデーションに替えてみたいと考える女性も増えています。

美容液ファンデーションは多くのメーカーから販売されており、効果、テクスチャ、使用感などがそれぞれ異なるため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

そこで本記事では、美容液ファンデーションの正しい選び方について中心に紹介します。

美容液ファンデーションについて

美容液ファンデーションについて
出典:byBirth

まず美容液ファンデーションについて、理解を深めておきましょう。ここでは、美容液ファンデーションの「特徴」と「使い方」について解説します。

美容液ファンデーションの特徴

美容液ファンデーションの特徴は、ファンデーションに美容液成分が配合されていることです。メイクをしながら同時にスキンケアも行えるので、メイクをするたびに肌がキレイになることが最大の魅力といえるでしょう。

配合されている美容液成分は、ファンデーションによって異なります。そのため、美容液ファンデーションを購入する際は、自分の求める美容効果や好みに応じて選ぶことが大切です。

美容液ファンデーションの使い方

美容液ファンデーションの使い方は、一般のファンデーションと変わりません。ただし、ファンデーションを塗る前に、余分な油分をティッシュオフしておくことをおすすめします。

美容液ファンデーションは油分が多く、皮脂と合わさるとテカリの原因になるからです。

ファンデーションは適量とり、内側から外側に向かって薄く伸ばしてつけていきましょう。厚く塗ると化粧崩れの原因になるため、シミやくまなど気になる部分にはコンシーラーを使うことをおすすめします。

美容液ファンデーションの正しい選び方

正しい選び方
出典:byBirth

美容液ファンデーションには多くの種類があるため、自分の好みや肌にあったものを選ぶことが大切です。ここでは、美容液ファンデーションの正しい選び方について解説します。

肌質に合うものを選ぶ

美容液ファンデーションは、肌質に合うものを使いましょう。人の肌質は、乾燥肌、脂性肌、混合肌、敏感肌、普通肌の5つに分かれます。

それぞれの肌質に合う美容液ファンデーションの特徴は次のとおりです。

乾燥肌

乾燥肌には、保湿成分が多く配合されているリキッドやクリーム、クッションタイプの美容液ファンデーションを使うことをおすすめします。油分が多いため、うるおいを逃がさず長時間キープしてくれます。

脂性肌

脂性肌には、パウダータイプの美容液ファンデーションが最適です。軽くてさらっとしていて、べたつきを抑えます。皮脂吸着効果があるものも多く、テカリ予防にも有効です。

混合肌

混合肌には、クッションタイプの美容液ファンデーションが向いています。クッションタイプは、保湿力と軽いつけ心地を兼ねそろえており、べたつく部分と乾燥する部分が混在する混合肌に最適です。

敏感肌

敏感肌には、クリームタイプのファンデーションがおすすめです。保湿力が非常に高くカバー力もあるため、敏感な肌を十分に保護できます。

普通肌

普通肌は、すべての肌質の中で最もトラブルが少なく、どのタイプの美容液ファンデーションを使っても問題ありません。好みのテクスチャや使用感などを中心に選ぶとよいでしょう。

仕上がりのイメージで選ぶ

美容液ファンデーションによって、メイクの仕上がりは異なります。自分の希望の仕上がりのイメージで選びましょう。

マットな仕上がりにしたい場合

マットな仕上がりにしたい場合は、パウダータイプの美容液ファンデーションを使いましょう。使用する前に、下地でしっかり保湿をすると、密着力が高まって自然なツヤが生まれます。

うるおい感のある仕上がりにしたい場合

うるおい感を出したい場合は、ウォータリータイプの美容液ファンデーションがおすすめです。額や頬の高い位置などにツヤ感が出て、若々しい印象を与えます。伸びがよく自然に仕上がるので、ナチュラルメイクが好みの方に最適です。

肌トラブルをしっかりカバーしたい場合

肌トラブルをカバーし均一な肌色を目指したい場合は、固めのクリームタイプの美容液ファンデーションをおすすめします。水分量が少ないため肌にしっかりと密着し、色ムラをなくしてくれます。

配合成分で選ぶ

美容液ファンデーションを選ぶ際は、自分の肌悩みに応じた成分が配合されているかで選ぶのもいいでしょう。

例えば、乾燥肌の方やメイク後のかさつきや粉吹きに悩んでいる場合は、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの高保湿成分配合のものがおすすめです。

外仕事や作業が多い方は、UVカット成分が配合された美容液ファンデーションを選べば紫外線から肌を守ることができます。

シミやくすみに悩んでいるのであれば、アルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸など美白有効成分配合のものを選ぶことで、透明感のある肌を取り戻すことができるでしょう。

美容液ファンデーションを選ぶ際は、自分の肌悩みを明確にしておき、ファンデーションの成分表に有効成分が配合されているかチェックすることをおすすめします。

おすすめNo.1美容液ファンデーション「スペチアーレ 薬用デイセラム」

スペチアーレ 薬用デイセラム
出典:byBirth

数ある美容液ファンデーションの中でも、筆者おすすめNo.1の「スペチアーレ 薬用デイセラム」のご紹介をさせていただきます。

ノエビア スペチアーレ 薬用デイセラム L2

SPF20・PA++ 35g 26,400円(税込)

L2
出典:byBirth

スペチアーレはノエビア最高峰シリーズで、中でも「スペチアーレ 薬用クリーム」は価格110,000(税込)で販売されています。そのクリームに色をつけたものが、今回ご紹介する薬用デイセラムです。

8種の美容液成分が配合されていて、女性に多い肌悩み(乾燥、くすみ、しみ、しわ、たるみ、毛穴、ニキビなど)すべてにバランスよくアプローチします。メイクするたび、肌トラブルが緩和し美しくなっていくのを実感できるでしょう。

しっとりとした使用感
出典:byBirth

「スペチアーレ 薬用デイセラム」は、クリームタイプでしっとりとした使用感です。小豆一粒大で顔全体を塗れるほど、非常に伸びがよいのも特徴です。

価格だけを見ると、一見高価に感じるかもしれませんが、少量でよく伸びるのでもちがよく、コストパフォーマンスに優れています。

少量でよく伸びる
出典:byBirth

5つのパウダー成分を配合しており、血色感と光沢感を出して、健康的で若々しい肌を演出してくれますよ!

5つのパウダー成分を配合
出典:byBirth

粒子が細かいので肌にピタッと密着し、ヨレにくく毛穴をカバーして見た目を滑らかにしてくれます。

しっとりとしているものの、べたつきはありません。肌色になじむため、浮く感じがなく自然に仕上がります。

保湿力、べたつきのない使い心地、ナチュラルな仕上がりを希望される方にピッタリの美容液ファンデーションです。

まとめ

美容液ファンデーション
出典:byBirth

美容液ファンデーションの特徴は、ファンデーションに美容液成分が配合されていることです。使い方は、一般のファンデーションと変わりません。ただし、ファンデーションを塗る前に、余分な油分をティッシュオフしておくことをおすすめします。

美容液ファンデーションは「肌質」「仕上がりのイメージ」「配合成分」で選びましょう。

筆者おすすめの美容液ファンデーションとして、効果、使用感、仕上がりなど総合的に判断し、「スペチアーレ 薬用デイセラム」を紹介させていただきました。

ぜひ本記事を参考にしていただき、ご自身に最適な美容液ファンデーションを選んでみてくださいね!

美容液ファンデーションの特徴と正しい選び方!おすすめNo.1のアイテムもご紹介

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

フェイシャルトリートメントサロン(RIRI Salon)オーナー。美容ライター。
日本化粧品検定1級、JMAメイクアップ技術検定取得済。
これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者様にとって有益な情報を提供します。
https://r1r1salon.com/
http://tokoname.r1r1salon.com/
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594