過去にできたシミを薄くし、未来のシミを予防する全方位型スキンケアとは?

SKINCARE

過去にできたシミを薄くし、未来のシミを予防する全方位型スキンケアとは?

シミは、肌表面に炎症が起こってメラノサイトから黒色メラニンが分泌され、肌表面に表れることで起こります。
シミの原因は「紫外線」「活性酸素」「ホルモンバランスの乱れ」の主に3つです。
過去のシミと未来のシミの両方にアプローチする全方位スキンケアとは、「滞ったメラニンを排出する」「メラニンがシミとなって肌に表れるのを防ぐ」美白美容液を使ったお手入れです。

ひとつでも顔にあると一気に老けて見えるシミ。

シミ消しに即効性のあるものとしてレーザー治療がありますが、ダウンタイムなど安全性に不安を感じて、なかなか試す勇気がでない方も多いでしょう。

安全性と効果の両方を得たいなら、過去のシミと未来のシミの両方にアプローチできる美白美容液を使ったスキンケアが有効です。

本記事では、過去と未来にアプローチできる美白美容液を使った全方位型スキンケアについて解説します。

シミについて

シミについて
出典:byBirth

シミに有効な美白美容液とスキンケア方法を知る前に、まずシミのメカニズムについて知っておきましょう。メカニズムを知ることで、本当に効果のある美白美容液とは何か、スキンケアがシミ改善に必要な理由などが理解できます。

ここでは、シミができる仕組みと原因について解説します。

シミができる仕組み

シミは、外的刺激や内的刺激が原因で肌表面に炎症が起こることから始まります。

肌表面に炎症が起こると、表皮の基底細胞に存在するメラノサイトが刺激されメラニンが分泌されます。メラニンは、分泌する過程でチロシナーゼという物質と合わさって見た目は黒色なのが特徴です。

黒色のメラニンが、肌の生まれ変わりの過程で徐々に上に上がっていき、肌表面に表れることでシミになります。

健康な肌状態であれば、ターンオーバーによってメラニンがしっかりと剥がれ落ちれば、シミはなくなって元の肌色に戻ります。

しかし、メラニンが何らかの原因によって過剰に分泌されて排出が遅れると、なかなか改善しない頑固なシミとなって残ってしまうのです。

シミを引き起こす原因

シミを引き起こす原因として、主に次の3つが挙げられます。

紫外線

紫外線は、シミの最たる原因です。肌表面に炎症を起こしてメラノサイトを刺激し、メラニンを過剰に分泌させることでシミをつくります。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンのバランスが乱れると、一時的に黒色メラニンが過剰に作られてシミができやすくなります。とくに、妊娠中、出産後、更年期、閉経期などに起こる場合があります。

活性酸素

活性酸素が体内で生成されると、メラノサイトを刺激して黒色メラニンをつくりシミができやすくなります。活性酸素は、バランスの偏った食生活やストレスを受けるなど乱れた生活習慣が原因で増える恐れがあります。

過去のシミと未来のシミを予防する全方位型スキンケアとは

過去のシミと未来のシミ
出典:byBirth

シミのない肌を目指すには、過去にできたシミと未来のシミにアプローチするスキンケアを行うことが非常に重要です。

最も高い効果が期待できるのが「美白美容液を使ったお手入れ」です。美白美容液は、ほかのどの基礎化粧品よりもシミ改善に有効な美容成分が多く入っているため、ピンポイントにシミにアプローチし、即効性が期待できます。

ただし、どんな美白美容液でもいいわけではなく、しっかりと効果のあるものには次のような特徴があるので覚えておきましょう。

滞ったメラニンを排出する美容成分が入っていること

すでにできてしまったシミは、肌に滞ったメラニンが排出されないことで起こります。そのため、過去のシミを改善するために、メラニン排出を促す美容成分を取り入れることによって肌色に戻していくことが必要なのです。

メラニンがシミとなって肌に表れるのを防ぐ美容成分が入っていること

メラニンは、ある程度分泌されているのが一般的で、完全に分泌を止めることはできません。今後シミができない肌にするためには、黒色メラニンが肌表面に浮かび上がるのを防ぐ美白美容液を使っていくことが重要です。

スキンケアアドバイザーおすすめのアイテム

数ある美白美容液の中で、スキンケアアドバイザーとして筆者がおすすめしたいのは、「ノエビア バイオサイン 薬用ブランボーテ」です。

ノエビア バイオサイン 薬用ブランボーテ

19,800円(税込)

薬用ブランボーテは2022年にリニューアルで再登場し、過去のシミと未来のシミにアプローチする有効成分を3つ配合することで高いシミ改善効果を発揮しています。ここでは3つの有効成分と効果について詳しく解説します。

1. グリチルリチン酸ジカリウム

薬用ブランボーテに配合されているグリチルリチン酸は抗炎症成分で、紫外線などの外的刺激を受けた時の炎症を抑える働きがあります。炎症を抑えることでメラノサイトが作るメラニンの量を少なくし、未来のシミを予防し減らすことができるのです。

また、ニキビ、肌荒れなどの炎症を抑える効果もあるので、赤みをなくし肌を滑らかに美しく見せる効果も期待できます。

2. アルブチン

アルブチンは美白有効成分の一種で、メラニンを黒色化するチロシナーゼをブロックして透明化する働きがあります。そのため、メラニンが無色になり、肌表面にシミとして表れなくなる効果が期待できるのです。

3. ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体も美白有効成分の一種で、アルブチンとの相性がよく、一緒に配合することでシミ改善効果が高まるといわれています。ビタミンC誘導体は、ターンオーバーを促進する働きがあり、過去にできてしまったシミを排出して改善する効果が期待できます。

薬用ブランボーテは、前述の3つの有効成分でシミの始まりから肌表面に表れてくるまで、また過去にできてしまったシミの排出までアプローチして過去のシミも未来のシミも一掃します。過去か未来のどちらかのシミにアプローチする美白美容液が多い中、両方に有効な美容液はめったにないので貴重です。

また薬用ブランボーテには、メラノサイトから産生されるメラニンの量の調整をする働きのあるヤグルマギクの植物エキスも配合されています。3つの有効成分とヤグルマギクエキスの相乗効果で極めて高いシミ改善効果が見込めるでしょう。

まとめ

シミ
出典:byBirth

シミは、肌表面に炎症が起こってメラノサイトから黒色メラニンが分泌され、肌表面に表れることで起こります。シミの原因は「紫外線」「活性酸素」「ホルモンバランスの乱れ」の主に3つです。

過去のシミと未来のシミの両方にアプローチする全方位スキンケアとは、「滞ったメラニンを排出する」「メラニンがシミとなって肌に表れるのを防ぐ」美白美容液を使ったお手入れです。

筆者おすすめの美白美容液として「ノエビア バイオサイン 薬用ブランボーテ」の魅力についてお伝えしました。本当に効果のある美白美容液を使ったお手入れを続けて、シミのない美しい肌をキープできるといいですね。

過去にできたシミを薄くし、未来のシミを予防する全方位型スキンケアとは?

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

フェイシャルトリートメントサロン(RIRI Salon)オーナー。美容ライター。
日本化粧品検定1級、JMAメイクアップ技術検定取得済。
これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者様にとって有益な情報を提供します。
https://r1r1salon.com/
http://tokoname.r1r1salon.com/
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594