“老後”と“今”の自分のために!「顔脱毛」&「鼻毛脱毛」初体験【30代のリアル美容#78】

SKINCARE

“老後”と“今”の自分のために!「顔脱毛」&「鼻毛脱毛」初体験【30代のリアル美容#78】

ボディの脱毛は10年以上前に行ったものの、元々あまり毛深いタイプではなかったために、顔の脱毛は未経験の編集部・橘。しかし!最近取材の症例写真撮影で色々な角度からどアップの自分の顔を撮影すると、なんだか鼻毛や産毛が気になってきた(最近のカメラは高性能で困ります)!

そこで今回は約2年前に【30代のリアル美容#31】にて訪れた『リゼクリニック』を再訪。鼻毛脱毛&顔脱毛を初体験してきました。どうやら未来の自分のためには、今一度脱毛を行った方が良いのかも?!

“顔の脱毛”って、してますか?

顔の脱毛
出典:byBirth

突然ですが皆さん、“顔の脱毛”ってしてますか?

なんとなく若い世代は男女問わず全身脱毛をしている方が多いイメージではありますが、30代は、自分たちが20代だった頃の脱毛価格の問題もあり、「VIOや脇のみ」という方や「ボディのみ」という方が多いのではないでしょうか。

ちなみに私はというと、ボディの脱毛は昔行ったものの、顔は未経験。

しかし!最近本連載の取材記事を書くために、自分の写真を時に変顔(しわを強調)をしつつアップで撮影をしていると、なんだか鼻毛が気になりだしたんです!また美容皮膚科の精密なカメラで撮影をすると、口回りの産毛や肉眼では見えない毛穴も気になる……!

そうだ!顔と鼻毛の脱毛をしよう!『リゼクリニック』へGO

リゼクリニック/エントランス
提供:医療脱毛専門院『リゼクリニック』

というわけで、いまさらながら「顔脱毛」を検索してみると、『更年期を迎えて女性ホルモンが低下すると、顔(特に口回り)の毛が濃くなるらしい』という説を発見。しかもそのころには老眼にもなり、自分でケアするのが大変かも?!

元々「顔の産毛がなくなると化粧のりがアップする、毛穴が目立ちにくくなる」との話は聞いていたため、「今のためにも未来のためにも、早いうちに何とかした方が良いのでは?」と焦る気持ちが高まります。

と、そこで私の取った行動は、以前取材をさせていただいた医療脱毛専門の『リゼクリニック』の再訪です。善は急げ!とばかりに、遂に顔の脱毛もすることに決めました。

以前のお話はこちら

13年前…ハタチで行った脱毛。最新医療脱毛の進化に「まだの30代は今すぐやるべき!」と力説したい【30代のリアル美容#31】

カウンセリング後、メイクをオフして施術開始

大地まさ代医師・カウンセリング風景
提供:医療脱毛専門院『リゼクリニック』

『リゼクリニック』のカウンセリングでは、医療脱毛やクリニックのシステムについて、動画を用いて丁寧に説明してくれるため、美容クリニック・医療脱毛初心者さんでもわかりやすい!またリスクやアフターケアなど、不安なことを納得がいくまで質問できるから安心です。

初回は、

カウンセリングを受け納得・理解する → 洗面台に移動しメイクオフ(メイク落とし、洗顔料の貸出しがございます)→ 施術

の流れで進行(2回目以降はカウンセリングなし)。カウンセリング室、洗面台ともに数が多く、サクサク進みます。

顔脱毛はリスク、好みを踏まえて範囲を相談!顔&鼻ともに剃毛してくれるので安心

施術
撮影:byBirth

お顔の場合、額や眉上、もみあげのデザインを相談してからマーキングをし、その後剃毛、ジェルを塗って照射、という順に行います。私は眉にアートメイクが入っているため、眉回りは照射を避けることになり、額の範囲は狭め。また肝斑リスクを踏まえ、頬の照射も遠慮することに。

お顔は毛根が細いため、VIOや脇と違い痛みは皆無。「フェイスラインや口回りなど、骨が近いところは熱さを感じやすい」と伺いましたが、我慢できない刺激はありません。

鼻毛はYAGレーザーという機械を使用し、鼻の奥に詰め物をして鼻の手前のみ施術をしていくのですが、冷却ガスを噴射しながら照射されるため、1ショットごとに驚いたリアクションをしてしまい、ちょっと恥ずかしい……(施術をする看護師さんは、慣れているため淡々と進みます)。痛みはなく、少しだけ焦げ臭さを感じる程度です。

※痛み、体感には個人差があります。

施術終了!顔脱毛後の注意点はあるの?

こうして施術はあっという間に終了!スキンケアセットは貸していただけるので、脱毛後に予定がある日は、コスメだけ持ってくればOKです。パウダールームで落ち着いて身なりを整えることができるのも嬉しい。

また脱毛後のお肌は敏感になっているため、当日はしっかりスキンケアをして、日焼け対策も忘れずに。軽く赤みなどが出た際には、処方していただける軟膏を塗布し様子を見て、万が一イレギュラーなトラブルが発生した場合には自己判断で処置をせず、クリニックへ問い合わせてください。

ピーリングやトーニングといったお顔の美容医療は、3週間ほど間隔をあけることを推奨します。

将来的に濃くなる・白髪が気になる可能性があるパーツは、今のうちのケアも選択肢に

今のうちのケア
出典:byBirth

今回私は、今現在の化粧のりはもちろんのこと、将来的に顔の産毛が濃くなり、ケアが難しくなることを懸念し、お顔の脱毛を行いました。そして同時に、仕事柄気になる鼻毛の脱毛も行いましたが、今後さらに年を重ねて白髪になってしまうと、通常の脱毛が難しくなってしまうため、もし将来的に「不要」と感じている毛があるならば、今のうちにやっておくのも良いのではないかと感じました。

例えば、介護を受けることを考えVIOを薄くする。肩が上がらなくなる前に(笑)脇や背中を完了させるなど。

もちろん、自分の中で「必要」な毛は、大事にケアして労わりましょう。

取材協力:医療脱毛専門院『リゼクリニック』渋谷井の頭通り院

店舗名:医療脱毛専門院『リゼクリニック』渋谷井の頭通り院
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館1F
診療時間:午前 10:00~14:00 午後 15:00~20:00
休診日:新着情報でご確認ください
電話番号:<初診>0120-966-120 <再診・お問合せ>0120-822-221

紹介メニュー 料金(税込)

  • 顔全体脱毛セット 3回コース 64,800円/5回コース 99,800円

“老後”と“今”の自分のために!「顔脱毛」&「鼻毛脱毛」初体験【30代のリアル美容#78】

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

橘 美波 byBirth編集部

橘 美波 byBirth編集部byBirth編集部 マネージャー

1986年生まれ。立ち上げ時よりbyBirth(旧GODMake.)へ携わり、大好きな美容・コスメを仕事に。 30代の働く女性ならではの独自の美容法や、話題の美容情報をリアルな目線で配信。