ピンクやパープルのメイクアップベースで明るく華やかな印象に!

MAKEUP

ピンクやパープルのメイクアップベースで明るく華やかな印象に!

この記事では、ピンクやパープルのメイクアップベースの特徴や、おすすめのメイクアップベースをご紹介しています。
いつもベージュ系のベースを使っている方も、ピンクやパープルのベースに変えるだけで、華やかな印象になります。ぜひこの記事を参考にして、メイクアップベースを選んでみてくださいね!

ピンクやパープルのメイクアップベースで明るく華やかな印象に!

ピンクやパープルのメイクアップベース
出典:byBirth

メイクアップベースは、さまざまなカラーがありますよね。いつものベージュ系のベースに飽きた方や血色感、透明感が欲しい方は、ピンクやパープルなどのカラーを選ぶと良いでしょう。

ピンクとパープルのメイクアップベースの役割は?

ピンクとパープルのメイクアップベースの役割は
出典:byBirth

まずは、ピンクとパープルのそれぞれのメイクアップベースの役割をご紹介します。

ピンクのメイクアップベース

ピンクのメイクアップベースは、血色感のある肌に仕上げてくれます。メイクの力で肌のトーンアップもしてくれるので、明るく見せたい時にもおすすめです。肌がツヤっとした印象になります。

パープルのメイクアップベース

パープルのメイクアップベースは、黄ぐすみをカバーして、透明感のある肌に仕上げてくれます。大人っぽいエレガントな印象にしたい時に使いたいカラーです。

メイクアップベースの使い方

メイクアップベースの使い方
出典:byBirth

ここからは、メイクアップベースの使い方をご紹介します。

まず、ベースやファンデーションにUV効果が入っていない場合は、最初に日焼け止めを塗りましょう。

ピンクのメイクアップベースは、顔の中心に塗っていきます。顔全体に塗ってしまうと、白浮きしてしまったり、明るいカラーなので膨張して顔が大きく見えてしまいます。塗りすぎに注意しましょう。

パープルのメイクアップベースは、Tゾーンや頬の上などのハイライトの位置に塗ると良いでしょう。パープルもピンクと同様に、顔全体に塗らないように気を付けましょう。

メイクアップベースを付けたら、ファンデーションやパウダーなどを付けましょう。

おすすめのピンクとパープルのメイクアップベースを紹介!

アユーラ トーンアップベース(サクラフローレット)

華やかな印象の肌に整えるサクラピンクの化粧下地です。サクラピンクの色味が色ムラやくまを補修し、血色感のある透明肌に整えます。球状粉末のソフトフォーカスパウダーとシルバーパールが、肌の凸凹や色ムラを補正。

また、スキンケアの効果により、乾燥やダメージでくすみがちな肌にうるおいを与えて、その後に使うファンデーションの仕上がりを良くしてくれます。

SPF16・PA+の軽めの日焼け止めが入っています。家の中なら良いかと思いますが、外に出る時は日焼け止めを塗るか、ファンデーションなどにUV効果があるか確認しましょう。

RMK スムースフィット ポアレスベース 02

毛穴を隠すのではなく、メイクアップ効果で見えなくする、RMKの新メイクアップベースです。

気になる毛穴やニキビ跡などのさまざまな凹凸に合わせて形を変える「トランスフォーミングパウダー」を配合。一枚の薄膜のヴェールで覆われたようななめらかな肌に仕上がります。

また、スキンケア成分が配合されているので、うるおいを感じながらも、軽やかなさらっとしたテクスチャーになります。

全4色のカラーバリエーション。ノーカラータイプやベージュ系などのカラーがありますが、今回ご紹介するのは02のピンクのカラーです。レッドとシルバーパールがきらめき、肌に血色感をプラスして、明るくやわらかな肌に仕上げてくれます。

カラーによってUV効果が異なりますが、02のピンクはSPF5・PA+となっています。こちら単体ですとUV効果としては弱いので、本品以外にも日焼け止めを付けることをおすすめします。

ナチュラグラッセ カラーコントロール ベース 01 バイオレット

厚塗りになりにくい、乳液のようなさらりとしたテクスチャーです。肌の凹凸や色ムラを補正して、くすみのない肌印象へと仕上げます。

美肌効果が高いといわれる「大豆」と、ポリフェノールを豊富に含む「アルペンローゼ」が配合されています。また、ブルーライトをしっかりカットする、マリーゴールドから抽出されたルテイン(保湿成分)も配合。パソコンやスマホなどのブルーライトから肌を守ります。

SPF32・PA++なので、日焼け止めとしても使えます。全3色のカラーバリエーションで、01 バイオレット・02 ピンク・03 イエローがあります。

実際に使っているところがこちら。

01 バイオレット
出典:byBirth

明るめのバイオレットカラーなので、肌を明るく見せてくれるのも嬉しいポイントですね。Tゾーンや目の下、頬などのハイライトの位置を中心に塗っていきます。バイオレットカラーの特徴の通り、透明感溢れる肌に仕上がりました。

まとめ

この記事では、ピンクとパープルのメイクアップベースの役割は?・メイクアップベースの使い方・おすすめのピンクとパープルのメイクアップベースを紹介しました。

カラーによって役割が異なるメイクアップベース。その中でもピンクやパープルは、肌を明るく見せてくれて、華やかな印象に仕上がるカラーです。この記事を参考にして、ご自身の肌に合ったメイクアップベースを探してみてください!

ピンクやパープルのメイクアップベースで明るく華やかな印象に!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

片平奈菜

片平奈菜コスメコンシェルジュ/美容ライター

メイクやスキンケアが好きな30代です。複数のWebメディアにて執筆しております。元美容部員の経験を活かして、役に立つ美容の情報を発信しています。

Instagram https://www.instagram.com/nana_k.cosme
Twitter https://twitter.com/nana_k_cosme
blog https://nanas-cosme.com/