自分でできる「眉カット」の仕方!ボサ眉からキリッと美眉に変身しよう!

MAKEUP

自分でできる「眉カット」の仕方!ボサ眉からキリッと美眉に変身しよう!

眉カットをするときは、顔のバランスに合った黄金比率と眉の太さに配慮して行うことが大切です。
眉カットの手順は「1. 理想の眉の形を決めてラインをとる」「2. はみ出した毛をカットする」「3. コームで整えて長い毛をカットする」「4. シェーバーで不要な毛を除去する」です。

眉毛は顔の印象を決める大切なパーツ。毛流れがバラバラでボサッとした眉は、清潔感がなくだらしない印象を与えます。

爽やかでキリッとした美眉をつくるには、眉毛をカットして形を整える必要があります。本記事では、自分でできる眉カットの仕方について説明します。

眉カットは「1. 理想の眉の形を決めてラインをとる」「2. はみ出した毛をカットする」「3. コームで整えて長い毛をカットする」「4. シェーバーで不要な毛を除去する」の順で行います。

眉カットについて

眉カットについて
出典:byBirth

眉カットは、美しい眉をつくるために必要な作業です。ここでは「美しい眉の特徴」と「眉カットのために揃える道具」について説明します。

美しい眉の特徴

美しい眉は、顔のバランスに合った黄金比率と眉の太さに基づいて仕上げます。

黄金比率の詳細については次のとおりです。

  1. 眉頭の位置は、目頭の真上から始まる
  2. 眉尻の位置は、小鼻と目尻を結んだ延長線上
  3. 眉山は白目の終わり真上
  4. 眉頭と眉尻の高さは水平に一直線上にある
  5. 眉の下側の角度は10度が標準。なりたい印象によって変更できる。(柔らかい印象は10度以下、キリッとした印象は10度以上)

眉の太さの決め方は、目の大きさによって決まります。目が細く切れ長の人は、目の縦幅の1/2の太さ、目が大きい人は、目の縦幅の2/3の太さにするとバランスよく見えて美しい目元がつくれます。

眉カットするときは、顔のバランスに合う黄金比率と眉の太さを配慮して行いましょう。

眉カットのために揃える道具

眉カットに必要な道具は、次の3つです。

  • コーム
  • カットバサミ
  • 眉毛用シェーバー

カットバサミは、刃先が片側にカーブしているタイプを選びましょう。カット中に、刃先が肌に当たらないので、怪我の心配なく安全に使用できます。また、カットバサミとコームがセットになったタイプのものもあり、片手で簡単に毛の長さを揃えてカットできるので便利です。

眉毛シェーバーは、刃先が丸くなっていて、肌に負担なく毛をカットできます。シェーバーを選ぶときは、刃が小さく小回りが利くタイプを選びましょう。刃が大きいと、必要な毛まで誤って剃ってしまい、眉の形が崩れる恐れがあるので避けることをおすすめします。

眉カットの仕方

眉カットの仕方
出典:byBirth

上述の3つの道具を正しく、適切な順番を守って使い、眉カットを行いましょう。

眉カットの仕方は次のとおりです。

1. 理想の眉を決める

理想の眉を黄金比率をもとに決め、アイブロウペンシルを使って眉頭、眉山、眉尻の3点に印をつけます。点を結んでラインをとり、しっかりと形が分かるようにしておきましょう。

2. 理想の形からはみ出た毛をカットする

理想の眉のラインからはみ出た毛があれば、カットバサミで取り除きます。根元からしっかりとカットし、眉の形に影響を与えないようにしましょう。

3. コームで眉毛をとかして、はみ出た毛をカットする

眉を毛の流れに沿ってコームでとかし、理想の眉のラインからはみ出た長い毛をカットします。カットするときは、はみ出た毛先のみをカットし、眉毛全体の長さを揃えるようにしましょう。

4. カットした短い毛をシェーバで除去する

カットした短い毛をシェーバーを使って完全に取り除き、眉の形を整えます。眉毛の上にある産毛もシェーバーで処理し、スッキリとした形に仕上げましょう。

眉カットするときの注意点

眉カットするときの注意点
出典:byBirth

眉カットをより安全に、失敗なく行うためにはいくつかポイントがあります。

眉カットをするときは、次の4つの点に注意して行いましょう。

眉メイクした状態で行う

理想の眉デザインを決めずに、ノーメイク状態でカットすると、不要な部分まで誤って切りすぎてしまい、眉の形が崩れます。眉をカットするときは、しっかりと眉メイクをしてカットする部分を明確にしてから行うようにしましょう。

肌を保湿した状態で行う

肌が乾燥していると、ハサミやシェーバーとの間で摩擦が起こり、肌表面を傷つけることがあります。目元の傷は目立ちやすく、色素沈着も起こりやすいため、化粧水、乳液などスキンケア化粧品でしっかり保湿してから眉カットを行いましょう。

眉を薄くしすぎない

眉毛を短くカットしすぎて薄くしてしまうと、ペンシルやパウダーを多用して眉をかかなければならず、かえって仕上がりが不自然になります。眉毛をカットするときは、理想のラインを乱している毛のみをカットし、できる限り自分の眉毛を活かして仕上げることが大切です。

剃りすぎた場合は育毛ケアを行う

もしも誤って眉毛を剃りすぎたときは、眉毛専用の栄養剤や美容液を使って育毛を促進し、眉毛の形が整うまで待ちましょう。

まとめ

眉カット
出典:byBirth

眉カットをするときは、顔のバランスに合った黄金比率と眉の太さに配慮して行うことが大切です。眉カットは、コーム、カットバサミ、眉用シェーバーを使って行います。

「1. 理想の眉の形を決めてラインをとる」「2. はみ出した毛をカットする」「3. コームで整えて長い毛をカットする」「4. シェーバーで不要な毛を除去する」の手順で進めましょう。

また、「メイクをして行う」「肌を保湿して行う」「眉を薄くしすぎない」「剃りすぎたときは育毛ケアを行う」という4つの点に注意すると、安全に失敗なく眉カットを行えます。

紹介した眉カットの仕方をしっかりと身につけ、ボサ眉からキリッと美眉に変身しましょう!

自分でできる「眉カット」の仕方!ボサ眉からキリッと美眉に変身しよう!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/