肌の乾燥に「コラーゲン」が効く!効果的に摂取してうるおい肌づくり!

SKINCARE

肌の乾燥に「コラーゲン」が効く!効果的に摂取してうるおい肌づくり!

コラーゲンは高保湿成分の1つで、角質層にうるおいを与えて乾燥を予防し、キメ細かい美しい肌をつくる効果があります。
コラーゲンは「食事やサプリメントなど経口で行う方法」と「化粧品を使ったスキンケア」で、体の内側と外側から両面でアプローチすると効率よく摂取できます。

肌の健康に良いとされるコラーゲン。実際に、コラーゲンを摂ると、肌の水分量がアップし乾燥がやわらぎ、透明感のある肌になります。

とはいえ、コラーゲンの効果を十分に実感するためには、摂取方法にも配慮する必要があります。本記事では、コラーゲンの効果的な摂取方法について紹介します。

コラーゲンの摂取方法は、経口とスキンケアの2つあり、体の内側と外側と両方からアプローチすることで効率よく摂取できます。

肌の乾燥とコラーゲンの関係

肌の乾燥とコラーゲンの関係
出典:byBirth

肌が乾燥する原因は多くありますが、肌に存在するコラーゲンも大きく関わっています。肌の乾燥とコラーゲンの関係について知ることで、コラーゲンの重要性をより深く認識し、摂取する必要性が分かります。

ここでは「コラーゲンについて」と「肌の乾燥にコラーゲンが有効な理由」を説明します。

コラーゲンについて

コラーゲンとは、アミノ酸が結合してできるタンパク質の一種で、肌、筋肉、骨、筋肉、血管、髪の毛など全身に備わっています。なかでも、肌に多く存在しており、真皮層の70%を占めているといわれています。

真皮にあるコラーゲンは繊維状で、網目のような構造をしています。ヒアルロン酸やエラスチンなどと複雑に絡み合うことで肌の土台をつくり、弾力とハリのある肌をつくっています。

しかし、コラーゲンは、加齢、紫外線などの外的刺激、ストレスなどによって減少しやすく、不足すると皮ふのたるみ、シワなどの肌老化の原因となります。

コラーゲンは、いつまでも美しい肌を継続するために欠かせない重要な成分といえます。

肌の乾燥にコラーゲンが有効な理由

コラーゲンは、高保湿成分の1つで、肌の乾燥を予防する働きがあります。例えば、コラーゲンが配合された化粧品を使ってケアを行うと、角質層に浸透して肌にうるおいを与えて乾燥を防ぎます。

また、肌が乾燥しているとバリア機能が低下して、刺激に敏感になりがちです。コラーゲンは、生体内にある成分で肌なじみがよく低刺激なため、乾燥で敏感になった肌にも安全に使いやすいという点でもおすすめといえます。

コラーゲンを摂取することは、肌に負担をかけず乾燥をやわらげ健やかにするために有効です。

コラーゲンの効果的な摂取方法

コラーゲンの効果的な摂取方法
出典:byBirth

コラーゲンの摂取方法は、経口とスキンケアの2つあります。体の内側と外側と両方からアプローチすることで、効率よく摂取できます。

ここでは、それぞれの方法について具体的に説明します。

経口で摂取する方法

経口で摂取する方法
出典:byBirth

経口で摂取する方法は次の2つです。

食事とサプリメントで摂取する

普段の食事でコラーゲンが豊富な食べ物を摂取する方法が、最も手軽で身近な方法です。コラーゲンが多い食べ物には、豚足や豚耳、牛すじ、すっぽん、うなぎなどがあり、100g中1~4g含まれています。

コラーゲンの1日の目安摂取量は5~10gなので、1日200~300g摂取が必要ですが、毎日となると量が多く、カロリーオーバーになりがちです。

そこで、食事で補えない部分はサプリメントを使うことで、効率よく摂取できます。また、サプリメントは1粒に他の栄養素も入っているため、食事の栄養バランスが整い、肌の調子がよくなります。

ペプチドで摂取する

コラーゲンぺプチドは、コラーゲンを酵素で分解してできており、通常よりも吸収率がよくなり効果が出やすい特徴があります。肌の乾燥がひどいときや、ダメージが気になるときの集中ケアとして活用するとよいでしょう。

サプリメントで販売されているため、量を多く摂る必要もなく、手軽で続けやすいこともメリットです。ただし、品質や種類によって効果は異なるため、原料や製法をよく確認して、高品質なものを選ぶことが大切です。

スキンケアで摂取する方法

スキンケアで摂取する方法
出典:byBirth

コラーゲンが配合された化粧品を使ってスキンケアを行うことで、摂取はできます。化粧品に配合されているコラーゲンは、低分子と高分子の2つあり、それぞれ肌へのアプローチが異なります。

低分子のコラーゲンは、角質層に浸透して肌全体にうるおいを与えます。一方、高分子のコラーゲンは肌表面をうるおいで覆う役割があります。どちらも肌の乾燥に役立つため、複数のコラーゲンを含む化粧品を選ぶことをおすすめします。

また、紫外線対策も並行して行うと体内のコラーゲンが減りにくくなり、効率よく生成されます。日焼け止めを塗ること、抗酸化作用のあるビタミンCを摂取するなども意識して行いましょう。

ビタミンCは、コラーゲンの生成効果もあるため、普段から積極的に摂ることをおすすめします。

まとめ

コラーゲン
出典:byBirth

コラーゲンは、ヒアルロン酸やエラスチンなどと絡み合って、ハリ・弾力のある若々しい肌をつくります。また、高保湿成分の1つで、角質層にうるおいを与えて乾燥を予防し、キメ細かい美しい肌をつくる効果もあります。

コラーゲンを摂取するときは「食事やサプリメントなど経口で行う方法」と「化粧品を使ったスキンケア」と2通りあり、体の内側と外側から両面でアプローチすると効率よく摂取できます。

毎日コラーゲンを摂取する習慣を身につけ、乾燥知らずのうるおい肌づくりに励みましょう!

肌の乾燥に「コラーゲン」が効く!効果的に摂取してうるおい肌づくり!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/