ストレス性乾燥肌とは?特徴と対処法について説明します

SKINCARE

ストレス性乾燥肌とは?特徴と対処法について説明します

過度なストレスは、自律神経を乱してセラミドを分解し、肌を乾燥させてかゆみや炎症を引き起こします。
改善法は、栄養補給、睡眠、適度な運動、低刺激な化粧品を使ってスキンケアなどが挙げられます。

生きていれば誰にでも起こるストレス。過度なストレスは体を蝕み、肌も乾燥させて、シワやくすみなどあらゆる肌トラブルを起こします。

とはいえ、ストレスと肌の関わりについてよく知らない人にとっては、なぜストレスが肌の乾燥を起こすのか理解できないと感じることもあるでしょう。

本記事では、ストレス性乾燥肌についての具体的な説明と対処法について解説します。ストレス性乾燥肌は、ストレスを軽減させる習慣と低刺激な化粧品を使ったお手入れで対処できます。

ストレスと肌の関係

ストレスと肌の関係
出典:byBirth

ストレスと肌には密接な関わりがあります。ストレスと肌の関係について詳しく知っておくと、肌の調子をコントロールしやすくなります。

ここでは「ストレスが肌に与える影響」と「ストレス性乾燥肌」について説明します。

ストレスが肌に与える影響

ストレスは、肌の調子を左右する要因の1つです。

人間には、脈拍や体温、臓器の働きをコントロールしている自律神経があります。自律神経には、交感神経と副交感神経とあり、どちらも正常に働いている状態が理想です。

しかし、過度なストレスを受けると、交感神経優位となり副交感神経がうまく働かなくなります。すると、ホルモンバランスが崩れて皮脂量が増え、顔のべたつきやニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

また、肌のターンオーバーも乱れがちになり、くすみ、シミなどのエイジングサインも現れ始めます。

ストレス性乾燥肌について

ストレスは、肌の乾燥を引き起こす原因になります。肌には、セラミドといわれる肌の水分を保持する成分が備わっています。

しかし、過度にストレスを受けると、コルチゾールというストレスホルモンが分泌され、肌のセラミドを分解します。すると、うるおいを保持できなくなり、肌は乾燥しやすくなります。

また、セラミドの量が少なくなると、肌を紫外線などの外的刺激から保護するバリア機能が低下し、わずかな刺激にも敏感になります。衣服やこれまで使用していた化粧品でさえ、触れると刺激となり、かゆみや炎症を起こしやすくなります。

とくに、かゆみは我慢できず掻くと、肌表面が傷ついてより刺激に弱くなり、かゆみが倍増します。また傷口から細菌が入り、予期せぬ肌トラブルが起こりやすくなります。

ストレス性乾燥肌の対処法

ストレス性乾燥肌の対処法
出典:byBirth

ストレス性乾燥肌を予防するには、ストレスを解消することと、肌の乾燥を防ぐことが必要です。ここでは、ストレス性乾燥肌の対処法を3つ紹介します。

休養をとる

ストレスを受けると、心身共に疲弊するので、しっかりと休養をとることが大切です。

とくに睡眠は十分にとるようにしましょう。睡眠中は、成長ホルモンが分泌され、体内の細胞の修復が行われます。ストレスによって傷ついた肌の細胞も修復され、乾燥の軽減に繋がります。

また、食事も健康な肌細胞をつくるために役立ちます。例えば、ビタミン類は肌の調子を整えるために必要な栄養素です。なかでも、ビタミンAは、肌のターンオーバーを促してうるおいに満ちた健康な細胞を生ませるため、乾燥肌の予防に有効です。また、コラーゲンを増やす働きもあり、肌にうるおいと弾力をもたらし、若々しい肌をつくります。

成人女性1日当たりのビタミンA摂取目安量は600μgREで、具体的には、レバー、うなぎ、にんじんいずれかを約100g摂取することが必要となります。

適度な運動を行う

適度な運動を行う
出典:byBirth

運動は、脳にセロトニンやエンドルフィンといわれる物質を分泌させて精神を安定させ、ストレスを軽減してくれます。すると、自律神経が整い、ホルモンバランスも良くなって肌トラブルが起こりにくくなります。

また、運動を行うと、血流がよくなり細胞が活性化され、肌の生まれ変わりがスムーズになります。すると、健康な細胞が生まれやすくなり、肌の乾燥が和らぎます。

ただし、過度な運動は心身に負担となり、かえってストレスを増やすことに繋がります。ウォーキングやヨガなど負荷が軽い運動を、心地よいと感じる程度に行うようにしましょう。

低刺激な化粧品でスキンケアを行う

肌の調子が悪いときこそ、スキンケアは十分に行うことが大切です。しかし、ストレスによって傷つき乾燥した肌はデリケートなため、低刺激の化粧品を使ったお手入れを行いましょう。

低刺激の化粧品には次のような特徴があります。

  • 植物性
  • 保存料、防腐剤、着色料、香料無添加
  • 界面活性剤不使用

植物エキスが配合された化粧品は、石油系や合成系のものよりも肌への負担が少ないので、使いやすく便利です。

一方、保存料、防腐剤、着色料、香料などが配合された化粧品は、敏感な肌には刺激になりやすく、アレルギーを起こして炎症の原因になるため避けましょう。また、界面活性剤配合の化粧品も、泡立ちがよく使いやすい反面、肌に刺激となる場合があります。

他にも、肌への刺激となる成分はいくつかあるので、ストレスにより肌が乾燥して敏感になっているときは、植物性のできる限り成分がシンプルなものを選ぶことをおすすめします。

まとめ

ストレス性乾燥肌
出典:byBirth

過度なストレスは、自律神経を乱してセラミドを分解し、肌を乾燥させます。すると、バリア機能が低下してわずかな刺激にも敏感になり、かゆみや炎症を引き起こします。

ストレス性乾燥肌を改善するには、栄養補給、睡眠、適度な運動によってストレスを緩和して、身体の調子を整えることが大切です。併せて、低刺激な化粧品を使ってスキンケアを行い、肌を保護することも必要です。

上述の対処法を身につけて過度なストレスから肌を守り、トラブル知らずの健康肌になりましょう!

ストレス性乾燥肌とは?特徴と対処法について説明します

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/