美しい手は若さの象徴!老けないハンドマッサージの仕方

BODY CARE

美しい手は若さの象徴!老けないハンドマッサージの仕方

手は、エイジングサインが出やすく老化しやすい部位です。手が老化する原因は「乾燥」「紫外線」「肌の代謝の遅れ」の3つが挙げられます。
ハンドマッサージは、血流を促進し代謝を上げて、手の皮ふの調子をよくするため、手の老化防止に役立ちます。

手は、身体の中でもよく動かし、人の目に触れやすい部位です。そのため、手にしみ、シワ、くすみなどのエイジングサインがあると非常に目立ち、老けた印象を与えます。

ハンドマッサージは、血流を促進し代謝を上げて手の皮ふの調子をよくするため、手の老化防止に役立ちます。本記事では、老けないハンドマッサージの仕方について紹介します。

手について

手について
出典:byBirth

老けないハンドマッサージの仕方を知る前に、手についてよく知っておきましょう。手について詳しく知ると、手の扱い方が分かった上でハンドマッサージができるため、老化の予防効果が出やすくなります。

ここでは手の「特徴」と「老化原因」について説明します。

手の特徴

手は、皮脂腺が少ないため皮脂膜を十分に作れず、肌内部の水分蒸発が起こって乾燥しやすい部位です。また、加齢に伴い、皮脂の量は減っていくため、年々手の乾燥は悪化していきます。

さらに、仕事や家事など水や洗剤に触れる機会の多い人は、手のうるおいが落ちて乾燥しやすくなります。

手が乾燥すると、カサつきが起こり皮ふに弾力がなくなってしぼみ、しわができやすくなります。また、バリア機能が低下するため、紫外線などの外的刺激から肌を守れず、肌荒れやシミなどのトラブルが起こりやすくなります。

うるおいが不足しがちな手は、老化が進みやすい部位といえます。

手が老化する原因

手が老化する原因は次の3つが挙げられます。

乾燥

前述のとおり、手は皮脂腺が少なく油分の分泌が不足しがちのため、肌内部の水分蒸発が起こって乾燥しやすくなります。

手が乾燥すると、カサつきや手荒れになりやすく、適切にケアをしないとダメージが深くなり、色素沈着などのトラブルが起こる原因になります。

紫外線

手に紫外線が当たると、メラノサイトを刺激して黒い色素を持ったメラニンを放出させ、シミを引き起こします。

また、防衛反応として体内に活性酸素が発生するため、細胞を劣化させてシワなどの老化を促進させます。

肌の代謝の遅れ

加齢や生活習慣が乱れると、血流が悪くなって代謝が遅れます。すると、肌の生まれ変わりが遅くなって古い細胞が長時間とどまり続けるため、古い角質やメラニンが蓄積して、くすみやシミなどが起こりやすくなります。

老けないハンドマッサージについて

老けないハンドマッサージについて
出典:byBirth

ハンドマッサージは、手の老化予防に有効です。ここでは、ハンドマッサージが「有効な理由」と「仕方」について説明します。

ハンドマッサージが手の老化予防に効く理由

ハンドマッサージは、手の筋肉をほぐし血流をよくするため、代謝が上がります。すると、ターンオーバーが促進され、古い細胞が剥がれ落ちて新しい細胞で肌ができるため、老化を抑えられます。

また、細胞に栄養が行き渡りやすくなるため、肌の調子がよくなり皮脂の分泌が促進されて、乾燥やバリア機能の低下を予防します。

溜まった老廃物も排出されやすくなるため、くすみのない明るく若々しい手になります。

老けないハンドマッサージの仕方

老けないハンドマッサージの仕方
出典:byBirth

手の老化を予防するハンドマッサージの仕方は次のとおりです。

1. オイルやハンドクリームを多めに塗って滑りをよくする

手の皮ふはバリア機能が低下しやすくデリケートなため、摩擦が起こると傷つけ、かえって肌トラブルの原因になります。

摩擦を避けるため、マッサージ前にオイルやハンドクリームを多めに塗って、滑りをよくしておきましょう。

2. 手の甲に円を描くようにさする

手をさすって温めることで、筋肉がほぐれて血流がよくなり、ハンドマッサージの効果が高まります。また、ハンドクリームやオイルの浸透もよくなるため、美容効果も上がります。

3. 指の根元から先端までマッサージする

片手の親指と人差し指を使って、もう一方の手の指の根元から先端までマッサージします。根元から先端まで、らせんを描くようにほぐしましょう。

手の側面も根元から先端まで往復さすってほぐし、最後に指先を押します。

指先全体がポカポカと温まってきたら、血流がよくなっている合図となります。

4. 指の間をほぐす

指の間の水かき部分を、反対の親指と人差し指ではさんで刺激します。水かき部分には、ツボがあるため、押すとズーンと響いて少々痛みを感じます。

とくに、親指と人差し指の間には合谷といわれるツボがあり、体の調子を整える効果に優れているので、じっくりもみほぐしましょう。

5. 手のひらと手首のストレッチ

指先のマッサージが終わったら、片手でもう一方の指先を持ち、手のひらを反らすようにしてストレッチを行います。

手のひら全体が温まって血流がよくなるだけでなく、手に蓄積した老廃物を流してくすみをとる効果も期待できます。

6. 鎮静

手のひらと甲をもう一方の手で円を描くように軽擦し、鎮静します。

まとめ

手が老化する原因
出典:byBirth

手は、エイジングサインが出やすく老化しやすい部位です。手が老化する原因は「乾燥」「紫外線」「肌の代謝の遅れ」の3つが挙げられます。

ハンドマッサージは、血流を促進し代謝を上げて手の皮ふの調子をよくするため、手の老化防止に役立ちます。

ハンドマッサージの習慣を生活に取り入れて、美しく若々しい手を続けましょう。

美しい手は若さの象徴!老けないハンドマッサージの仕方

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/