メイク崩れを防ぐスキンケア!朝メイクしたての顔が長時間続く!

SKINCARE

メイク崩れを防ぐスキンケア!朝メイクしたての顔が長時間続く!

メイク崩れは、肌の「油分の過剰分泌」と「水分不足」の2つが原因で起こります。クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームを使った、肌の水分と油分のバランスを整えるスキンケアで予防しましょう。スキンケアの仕方にも配慮することで、さらにメイク崩れの予防効果が高まります。

朝、綺麗にメイクをしても、夕方になるとドロドロと崩れてくるという経験はありませんか?メイク崩れは、肌の水分と油分のバランスを整えるスキンケアで予防できます。

しかし、肌の水分と油分のバランスを整えるのに、どのようなスキンケアが有効なのかわからない人も少なくありません。本記事では、メイク崩れを防ぐスキンケアについて説明します。

メイク崩れに効くスキンケアは、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームの使い方に配慮して行いましょう。

メイク崩れについて

メイク崩れについて
出典:byBirth

メイク崩れが起こると、肌色にムラができて見た目が悪くなります。メイク崩れについて詳しく知ることで、予防法が分かり、メイクしたての美しい肌を長時間キープできるようになります。

ここでは、メイク崩れが起こる「原因」と「予防方法」について説明します。

メイクが崩れる原因

メイクが崩れる原因は、次の2つあります。

肌の油分の過剰分泌

肌から油分が過剰に分泌されると、肌に密着していたファンデーションが浮いて、メイクが崩れやすくなります。

とくに油分の分泌が多い脂性肌の人によくあるメイク崩れの原因といえるでしょう。また、脂っぽい食べ物を摂りすぎている人も、皮脂の分泌が多くなるため、メイクが崩れやすくなります。

肌の水分不足

肌が乾燥すると、ファンデーションの密着力が弱いため、摩擦などの刺激でヨレて崩れやすくなります。

また、肌は乾燥して水分が不足すると、油分を多く分泌して外的刺激から守ろうとします。すると、油分でメイクが浮いてドロドロと崩れます。

メイク崩れを予防するスキンケア

メイク崩れは、肌の水分と油分のバランスをよくするスキンケアで予防できます。

メイク崩れを予防するスキンケアに必要なアイテムは次のとおりです。

  • クレンジング料
  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム

クレンジングと洗顔料は、毛穴の汚れを取り除き、メイクの密着力を高めてメイク崩れを予防します。化粧水、乳液、クリームは、水分と油分を肌に補い保湿して、乾燥や過剰な皮脂分泌を防ぎます。

上述の5つのアイテムを欠かさず使用することで、メイク崩れをしっかりと予防できます。

メイク崩れを防ぐスキンケアの注意点

メイク崩れを防ぐスキンケアの注意点
出典:byBirth

メイク崩れは、スキンケアの仕方にも配慮することでさらに予防効果が高まります。

ここでは、スキンケア時の注意点について説明します。

クレンジング・洗顔は35℃以下のぬるま湯で行う

クレンジング・洗顔は35℃以下のぬるま湯で行う
出典:byBirth

クレンジングと洗顔は、人肌より少し低めの35℃以下のぬるま湯で行いましょう。湯温が高すぎると、肌に必要な皮脂まで落ちるため乾燥し、メイク崩れの原因に繋がります。

湯温を守ることは、肌の油分と水分のバランスを整えるために重要です。

クレンジング料・洗顔料はメーカーが指定する使用量を守る

クレンジング料と洗顔料は、メーカーが指定する1回あたりの使用量を守りましょう。

クレンジング料や洗顔料は洗浄力に優れているため脱脂力があり、使用量が多すぎると、肌に必要な皮脂まで落として乾燥させます。

一方、使用量が少なすぎると、手のひらと肌の間に摩擦が起こって表面を傷つけます。すると、肌の水分蒸発を防ぐバリア機能が低下して、乾燥を引き起こす原因となります。

使用量が多すぎても少なすぎても肌の油分と水分のバランスは崩れるため、使用量を守ることは非常に大切です。

化粧水はたっぷり浸透させる

化粧水はたっぷり浸透させる
出典:byBirth

化粧水は多めに使用し、肌全体にしっかりと浸透させましょう。肌の乾燥を防ぎ、過剰な油分を中和するために、化粧水をたっぷりと使うことは有効です。

化粧水のつけ方は、コットンに湿らせて使用すると、肌全体に均一につけられるのでおすすめです。毛穴に入れ込むように下から上に向かってもちあげるようにパッティングすると、しっかりと肌に浸透させられます。

化粧水をつけた後、顔にひんやり感を感じるまで行うと、しっかりと保湿されメイク崩れしにくい肌になります。

乳液・クリームを顔の部位の特徴に合わせて使用する

乳液・クリームは、化粧水や肌内部の水分蒸発を防ぐのに役立ちますが、多くつけすぎると油分過多となり、かえってメイク崩れの原因になります。そのため、使用量は小豆1粒大程度の少なめにしましょう。

また、顔には、部位によって皮脂の多い部分と少ない部分があるため、特徴に合わせて量を調整してつけることをおすすめします。

目や口周りは皮膚が薄く乾燥しやすいため多めに塗り、Tゾーンやあご周りは少量のせてうすくのばすと、べたつきが少なくなり油分過多になりません。

乳液とクリームをつけすぎたときは、ティッシュを顔にのせて取り除くとよいでしょう。

まとめ

メイク崩れ
出典:byBirth

メイク崩れは、肌の「油分の過剰分泌」と「水分不足」の2つが原因で起こります。クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームを使った、肌の水分と油分のバランスを整えるスキンケアで予防しましょう。

スキンケアの仕方にも配慮することで、さらにメイク崩れの予防効果が高まります。メイク崩れを防ぐスキンケアで、朝メイクしたての美しい顔を長時間続けましょう!

メイク崩れを防ぐスキンケア!朝メイクしたての顔が長時間続く!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/