自宅でできる爪の乾燥におすすめケア方法!表面が滑らかで丈夫な爪をつくる

BODY CARE

自宅でできる爪の乾燥におすすめケア方法!表面が滑らかで丈夫な爪をつくる

「洗浄力の強い洗剤や石鹸」「紫外線」「除光液」は、爪に必要な水分量と油分量を奪い乾燥をひどくします。爪の乾燥は、「保湿クリームとネイルオイルを使った保湿・保護」「トップコートやベースコートを塗る」「指先マッサージ」を自宅で行うことで防げます。

乾燥によって縦ジワや割れなどを起こしやすい爪。爪にも、乾燥を防ぐお手入れが必要です。しかし、仕事や家事に忙しいとなかなかサロンに通う時間がなく、爪のケアをおろそかにしてしまいがちです。

本記事では、自宅でできる爪の乾燥を防ぐケア方法について説明します。爪の乾燥には「保湿クリームとネイルオイルを使った保湿・保護」「トップコートやベースコートを塗る」「指先マッサージ」が有効です。

爪について

爪について
出典:byBirth

爪は、屈強なイメージがある反面、デリケートな部位です。爪について正しく理解し、効果的なお手入れ方法を知りましょう。

ここでは、爪の「特徴」と「乾燥を引き起こす原因」について説明します。

爪の特徴

爪は、ケラチンといわれるタンパク質でできており、硬く頑丈で指先の皮ふを保護しています。健康な爪は、水分量と油分量が十分にあり、透明感があって、毛細血管が透けてピンク色をしています。

しかし、爪が含んでいる水分量は12~16%、油分量は0.15~0.75%と非常に少ないため、乾燥しやすく、縦ジワ、割れ爪などのトラブルが起こりやすくなります。爪の健康を保つためには、乾燥を防ぐためのケアが必要です。

爪の乾燥を引き起こす原因

爪の乾燥を引き起こす原因は次のとおりです。

洗浄力の強い洗剤や石鹸

洗浄力の強い洗剤や石鹸は、汚れ落ちに優れている反面、爪に必要な水分と油分も取り除き乾燥させます。

とくに、皿洗いや風呂掃除などの家事を毎日行っている女性は、クレンザーなどの使用により爪の乾燥がひどくなりやすいので、しっかりとケアを行うことが大切です。

紫外線

爪のケラチンタンパク質は、紫外線に弱く、浴びつづけると水分を奪われて乾燥し、縦ジワやひび割れなどを引き起こします。

また、紫外線のUV-A波が爪に侵入すると、皮ふまで到達し肌のダメージにも繋がります。肌老化を防ぐためにも、十分な紫外線対策が必要です。

除光液

除光液は、アセトンが主成分で、マニキュアに含まれる油性成分をとかして落とす役割があります。洗浄力が非常に強力で、爪の油分まで落とすため、使用した後の爪は白くなり乾燥します。

乾燥したままにすると爪の状態が悪化し、トラブルが起こりやすくなるため、除光液を使用した後はすぐに保湿ケアをすることが大切です。

自宅でできる爪の乾燥を防ぐケア方法

自宅でできる爪の乾燥を防ぐケア方法
出典:byBirth

爪の乾燥を防ぐケアは、自宅でも簡単にできます。ここでは、自宅でできる爪の乾燥を防ぐケア方法を3つ紹介します。

保湿クリームとネイルオイルを使った保湿・保護

保湿クリームとネイルオイルを使った保湿・保護
出典:byBirth

保湿クリームとネイルオイルで爪のケアを行うと、うるおいを閉じ込め乾燥を防げます。

保湿クリームは、爪用のクリームと手肌用のクリームと2種類あり、どちらも爪のケアに有効です。テクスチャがさっぱりとしたタイプもあるため、日中のケアに使いやすい特徴があります。

ネイルオイルは、油膜をつくり爪の水分の蒸発を防ぎます。また、爪内部まで潤い成分が浸透するため高い保湿力があります。

しかし、クリームよりもべたつきを感じるため、就寝前の使用がおすすめです。就寝中は、爪の回復が進むため、クリームとネイルオイルを併用するとより効率的に保湿ケアができます。

トップコートやベースコートを塗る

トップコートやベースコートを塗る
出典:byBirth

爪の表面にトップコートやベースコートを塗ると、爪の水分蒸発を防げます。

トップコートやベースコートは、マニキュアを塗る前や仕上げに使う無色透明な液体です。塗りなおすときには除光液が必要になりますが、少し剥がれて凸凹が目立つようなときには、そのまま上から重ねて塗れば目立ちにくくなります。

除光液を使う頻度がマニキュアより少ないため、爪に負担をかけずに使えます。

指先マッサージで血流促進

指先マッサージで血流促進
出典:byBirth

指先のマッサージをすると、新陳代謝が促進されて爪の細胞の生まれ変わりが早くなり、乾燥が改善されます。

指先マッサージの手順は次のとおりです。

  1. 洗面器に、40℃前後のお湯を入れて手を浸し、温める。
  2. 水気を拭き取り、ハンドクリームを手のひら全体につける。
  3. 片手の親指と人差し指でもう片方の指を1本ずつ挟み、引っ張るようにしてほぐす。
  4. 爪の根元を左右から10秒ほど押す。
  5. 手のひらと手の甲をもみほぐすようにマッサージする。

マッサージをする時は、クリームやオイルで滑りをよくしてから行うようにしましょう。摩擦が起こると、肌を傷つける原因になります。

力加減は痛気持ちよいくらいがベストです。マッサージ後に、手のひらがポカポカ温かく感じるまで続けましょう。

まとめ

爪の乾燥
出典:byBirth

爪は、水分量と油分量が少なく乾燥しやすい部位です。とくに「洗浄力の強い洗剤や石鹸」「紫外線」「除光液」は、爪に必要な水分量と油分量を奪い乾燥をひどくします。

爪の乾燥は、「保湿クリームとネイルオイルを使った保湿・保護」「トップコートやベースコートを塗る」「指先マッサージ」を自宅で行うことで防げます。

自宅でできる乾燥予防ケアで、表面が滑らかで丈夫な爪をつくりましょう!

自宅でできる爪の乾燥におすすめケア方法!表面が滑らかで丈夫な爪をつくる

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/