マスクをしてもファンデーションが崩れないベースメイク方法!

MAKEUP

マスクをしてもファンデーションが崩れないベースメイク方法!

ファンデーションの崩れを予防するには、摩擦、乾燥、湿気に左右されないベースメイクをすることが大切です。
ベースメイクは「スキンケア」「化粧下地」「ファンデーション」「フェイスパウダー」「ミスト・スプレー」の順で行います。

口周りを広く覆って密閉状態をつくるマスク。メイクした直後は綺麗についていたファンデーションも、マスクをしてしばらくすると、湿気により口周りのメイクがドロドロと崩れてきます。

マスクによるファンデーションの崩れは、ベースメイクの方法次第で予防できます。しかし、崩れにくいベースメイクの仕方を知らない人も多くいます。

本記事では、ファンデーションの崩れを予防するベースメイク方法について説明します。ベースメイクは「スキンケア」「化粧下地」「ファンデーション」「フェイスパウダー」「ミスト・スプレー」の順で行います。

マスクによるファンデーションの崩れについて

マスクによるファンデーションの崩れについて
出典:byBirth

マスクによるファンデーションの崩れに悩む女性は多くいます。ここでは、マスクでファンデーションが崩れる「原因」と「対処法」について説明します。

マスクでファンデーションが崩れる原因

マスクによってファンデーションが崩れる原因には次の3つあります。

摩擦

マスクが肌と擦れることで、一部のファンデーションが取れてメイクが崩れます。

ムレ

マスクをすると、呼吸によって湿気がこもり、口周りがムレてファンデーションが落ちやすくなります。

また、マスクの中の熱気により皮脂分泌が多くなることでべたつき、ファンデーションが崩れることもあります。

肌の乾燥

マスクと肌の間で摩擦が起こると、肌内部の水分蒸発を防ぐバリア機能が弱まり肌が乾燥します。

肌は乾燥すると、バリア機能を強化しようと皮脂を過剰分泌します。すると、ファンデーションが皮脂で流れて崩れやすくなります。

マスクでファンデーションが崩れないための対処法

マスクでファンデーションを崩さないための対処法は、摩擦、乾燥、湿気に左右されないベースメイクをすることです。

ベースメイクは、素肌を美しく見せるためのメイクです。ベースメイクでは、ファンデーションだけでなく、下地、パウダーなども使用します。そのため、ファンデーションの塗り方を工夫するだけでなく、スキンケア、下地、パウダーなどを有効活用することもメイク崩れ予防になります。

マスクによるファンデーション崩れを予防するために、崩れないベースメイクの仕方を知りましょう。

マスクで崩れないベースメイクの方法

マスクで崩れないベースメイクの方法
出典:byBirth

マスクで崩れないベースメイクは、「スキンケア」「化粧下地」「ファンデーション」「フェイスパウダー」「ミスト・スプレー」の順で行っていきます。すべての工程を正しく丁寧に行うほど、メイクは崩れにくくなります。

崩れないベースメイクの方法は次のとおりです。

スキンケアによる保湿

スキンケアによる保湿
出典:byBirth

スキンケアはベースメイクの土台であり、メイク崩れのしやすさに大きく関わってきます。メイク崩れを予防するには、保湿力の高い化粧品を使ったスキンケアが重要です。

前述のとおり、マスクをすると肌が乾燥しやすくなるため、皮脂の過剰分泌が起こってメイクが崩れやすくなります。スキンケアによって十分に保湿することで、乾燥を防ぎ皮脂を抑制できるため、メイクが崩れにくくなります。

化粧水は、ヒアルロン酸やセラミドなどの高保湿成分が配合されたものを使うことをおすすめします。また、化粧水の後に乳液やクリームなどを使うと、化粧水や肌内部の水分蒸発を抑えて肌の乾燥を防げるため、より保湿効果が高まります。

肌の特徴にあう化粧下地を使う

肌の特徴にあう化粧下地を使う
出典:byBirth

化粧下地は、ファンデーションの前に使用するアイテムです。ファンデーションの密着度を高めて、崩れにくくする効果があります。

また、皮脂抑制効果や保湿効果のある下地もあるため、マスクが当たる部分の肌の特徴に合わせて使うと、よりメイクを崩れにくくできます。

乾燥肌や敏感肌の人で、乾燥による皮脂分泌でメイクが崩れる場合は、保湿効果のある下地を使用するとよいでしょう。対して、脂性肌の人やTゾーンと顎が脂っぽい混合肌の人は、皮脂抑制効果のある下地を使うと、べたつきがなくなりメイク崩れしにくくなります。

リキッドファンデーションを薄くつける

リキッドファンデーションを薄くつける
出典:byBirth

ファンデーションは、密着力の高いリキッドを非常に薄くつけます。薄づけしたファンデーションは下地としっかりと密着し、落ちにくくなります。対して、厚塗りをすると下地に触れない部分が多くなり、密着力が弱まって、ファンデーションのヨレや落ちる原因になります。

リキッドファンデーションは、スポンジに少量とって、顔の内側から外側に向かってつけます。スポンジの面を使うことで、ムラなく顔全体に均一につけられます。

フェイスパウダーを薄くつける

フェイスパウダーを薄くつける
出典:byBirth

フェイスパウダーを薄くつけると、マスクとの間の緩衝材となり、摩擦によるリキッドファンデーションのヨレや崩れを予防できます。

また、皮脂分泌が多くべたつきが気になる部分に重ねてつけることも、皮脂を抑えてメイク崩れを防ぐのでおすすめです。

フェイスパウダーは、パフやブラシに少量とって使用しましょう。パフで顔にのせるときは、肌をポンポンと押さえるようにして行います。パフを顔に滑らせて使うと、手の圧によりメイクの崩れやヨレの原因になるため避けましょう。

ミスト・スプレーを使う

ミスト・スプレーを使う
出典:byBirth

メイクの仕上げに、メイクの持続力を高めるミストやスプレーを使うことをおすすめします。使用することで、メイクの密着力を高めて崩れを予防できます。ミストとスプレーはそれぞれテクスチャが異なるため、肌状態に合うものを使用しましょう。

ミストは、水分量が多くしっとりとしたテクスチャなので、乾燥によるメイク崩れが気になる人に適しています。対して、スプレーは、さっぱりとしているので皮脂が多くべたつきが気になる人におすすめです。

まとめ

マスクでファンデーションが崩れる原因
出典:byBirth

マスクでファンデーションが崩れる原因は「摩擦」「ムレ」「肌の乾燥」の3つです。ファンデーションの崩れを予防するには、摩擦、乾燥、湿気に左右されないベースメイクをすることが大切です。

ベースメイクは「スキンケア」「化粧下地」「ファンデーション」「フェイスパウダー」「ミスト・スプレー」の順で行います。崩れないベースメイクで、メイクしたての美しいファンデーションの状態をキープしましょう。

マスクをしてもファンデーションが崩れないベースメイク方法!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/