秋のゆらぎ肌対策!季節問わず絶好調の肌を手に入れよう!

SKINCARE

秋のゆらぎ肌対策!季節問わず絶好調の肌を手に入れよう!

秋のゆらぎ肌が起こる原因は「気温・温度変化」「皮脂分泌量の減少」「花粉」「夏のダメージの蓄積」の4つが考えられます。
対策として「保湿ケア」「負担のないクレンジングと洗顔」「紫外線対策」「規則正しい生活」の4つを心がけることが重要です。

秋になると、なぜか決まって肌の調子が悪くなるという人は、ゆらぎ肌の症状を引き起こしているかもしれません。

秋のゆらぎ肌は、スキンケアや生活習慣によって対策ができます。しかし、具体的にどのように対策を打てばよいのかわからず、毎年症状に耐え続けている人も多くいます。

本記事では、秋のゆらぎ肌の対策について紹介します。対策として「保湿ケア」「負担のないクレンジングと洗顔」「紫外線対策」「規則正しい生活」の4つを心がけることが重要です。

秋のゆらぎ肌について

秋のゆらぎ肌について
出典:byBirth

まず、秋のゆらぎ肌について、詳しく知っておきましょう。秋のゆらぎ肌の実態を知れば、対策の打ち方が見えてきます。ここでは、秋のゆらぎ肌の「症状」と「原因」について説明します。

秋のゆらぎ肌の症状

秋のゆらぎ肌でよく起こる症状は次の通りです。

  • かゆみ
  • 赤み
  • ニキビ
  • ひりつき
  • 湿疹
  • かさつき

1年を過ごす中で、秋になると一時的に上述のような症状が顔に現れるという人は、ゆらぎ肌になっていると判断できます。

ゆらぎ肌の症状は、1つだけが起こるときもあれば、複数の症状が重なって起こるときもあり、個人差があります。症状が重なるほど、肌状態は深刻となり辛い時期を過ごすことになるため、早急に対処が必要です。

秋のゆらぎ肌の原因

秋のゆらぎ肌になる原因は「気温・温度変化」「皮脂分泌量の減少」「花粉」「夏のダメージの蓄積」の4つが考えられます。ここでは、4つの原因について詳しく説明します。

気温・温度の変化

秋は、夏から気温が大きく下がっていき、冬に向かうにつれて空気が乾燥するため、湿度も徐々に低下します。気温や湿度が大きく変化する秋は、身体に負担がかかりやすく、自律神経が乱れて代謝が落ち、肌の調子が悪くなります。

皮脂分泌量の減少

秋になると、肌の皮脂分泌量が夏に比べて少なくなります。これにより、肌を外的刺激や水分蒸発から守るバリア機能が低下し、乾燥や炎症などの肌トラブルが起こりやすくなります。

夏の肌ダメージの蓄積

秋の肌は、夏に受けた紫外線などのダメージにより乾燥し、ごわついています。うるおい不足の肌は、バリア機能が低下し、外的刺激から肌を守り切れません。そのため、秋の気候に肌が順応できず、かゆみなどのゆらぎ肌の症状が出やすくなります。

花粉

秋は、風が強くなり、イネ科やキク科、ブタクサ属などの花粉が舞います。花粉が肌に付着すると刺激となり、アレルギー反応が起こって炎症、赤み、かゆみなどの症状が現れます。

また、前述のとおり、秋の肌は、気温や湿度の変化、夏のダメージの蓄積などによりバリア機能が弱くなっています。バリア機能が弱った肌に、花粉が付着するとさらに症状の悪化につながります。

秋のゆらぎ肌対策

秋のゆらぎ肌対策
出典:byBirth

秋のゆらぎ肌を対策するには、「保湿ケア」「負担のないクレンジングと洗顔」「紫外線対策」「規則正しい生活」の4つを心がけましょう。ここでは、4つの対策法について詳しく説明します。

十分な保湿ケアをする

十分な保湿ケアをする
出典:byBirth

秋のゆらぎ肌を防ぐには、十分な保湿ケアをして肌のバリア機能を高めることが必要です。バリア機能が正常に働けば、気候の変化や紫外線、花粉から肌を守りトラブルを回避できます。

保湿ケアは、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの高保湿成分が配合された化粧品を使って行いましょう。また、保湿化粧水や保湿美容液を使用した後、乳液やクリームを重ねて成分の蒸発を防ぐと保湿効果を持続できるためおすすめです。

もし、空気の乾燥がひどい場合は、加湿器を使って室内の湿度を上げることも、肌の乾燥を防ぐために有効です。肌をしっかり保湿して、刺激や環境の変化に負けない肌をつくりましょう。

クレンジングと洗顔で負担をかけない

クレンジングと洗顔で負担をかけない
出典:byBirth

肌に負担をかけないクレンジングと洗顔は、秋のゆらぎ肌を防ぐうえで重要です。

ゴシゴシと力強く行うクレンジングや洗顔は、摩擦を起こして肌の表面を削り、バリア機能を低下させます。すると、ひりつきや炎症を伴うゆらぎ肌を起こしやすくなります。

クレンジングは、摩擦が起こらないようクレンジング料を適量取り出し、手のひら全体を使って優しくさするようにして行いましょう。洗顔は、洗顔フォームをしっかりと泡立てて、顔に泡を転がすようにして行い、摩擦が起こらないように注意します。

汚れは落としてバリア機能は落とさない、肌に優しいクレンジングと洗顔を心がけましょう。

紫外線対策

紫外線対策
出典:byBirth

紫外線は、バリア機能を低下させて秋のゆらぎ肌を引き起こしやすくします。現在、紫外線は1年中降り注いでいるため、秋もしっかりと対策することが重要です。

日焼け止め、帽子、日傘、サングラスなどを使って、紫外線のダメージをできる限り防ぐようにしましょう。

規則正しい生活習慣

規則正しい生活習慣
出典:byBirth

寝不足、バランスの悪い食事、運動不足、ストレスの多い生活などは、身体に負担となり自律神経を乱します。すると、肌の状態が不安定になり、ゆらぎ肌を起こしやすくなります。

秋は、気候の変化によっても自律神経が乱れやすいので、生活習慣を整えて身体の負担を軽減させましょう。

タンパク質やビタミンミネラルの多い食事を心がけ、できる限り12時を回る前までに就寝すると身体が回復し、肌状態が安定します。また、適度な運動を行うと、体内の細胞が活性化して肌の生まれ変わりがスムーズになり、丈夫な肌がつくれます。

まとめ

秋のゆらぎ肌
出典:byBirth

秋のゆらぎ肌とは、かゆみや赤みなどの症状がでて肌の調子が崩れることを指します。

秋のゆらぎ肌が起こる原因は、「気温・温度変化」「皮脂分泌量の減少」「花粉」「夏のダメージの蓄積」の4つが考えられます。対策として「保湿ケア」「負担のないクレンジングと洗顔」「紫外線対策」「規則正しい生活」の4つを心がけることが重要です。

秋のゆらぎ肌を予防して、1年中絶好調の肌を手に入れましょう!

秋のゆらぎ肌対策!季節問わず絶好調の肌を手に入れよう!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

山本夕貴

山本夕貴

自宅サロン(RIRI Salon)オーナー兼美容ライター。日本化粧品検定1級取得済。 これまで習得した美容知識とサロン経験に基づき、読者にとって有益な情報を提供します。 ラテン系ダンスを始め、美容と健康の両立に勤しんでおります。
https://mobile.twitter.com/ririsalon
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003092510594
http://tokoname.r1r1salon.com/