レッド派!? ベリー派!? 2016年春の2大リップ緊急比較

MAKEUP

レッド派!? ベリー派!? 2016年春の2大リップ緊急比較

2016年春、リップメイクはレッドorベリーに二極化!
ベースメイクやアイメイクにツヤを出すのとは対照的に、発色はマットが今年っぽい。フチを綺麗に取ってエレガント、逆に指で塗ってちょっとワイルドに。と、塗り方次第でイメージが変わり、メイクの幅が広がります。

GODMake.ではいち早く、マットリップを塗り方別に4パターンで仕上がりを比較しました!組み合わせるオススメメイクも解説♪

まずはレッド派。

春メイクでは、目元にパステルカラーを加えるのが主流ですが、唇の色が主張するときは「スモーキーベージュ」が正解です。

「美人顔」エレガントレッド

エレガントレッド

きっちりフチを取ったエレガントなレッドリップは、美人顔が良く似合います。
スモーキーベージュのアイシャドウを濃いめに入れて、アイラインはハネ上げましょう。
このとき、きちんと引き算をして細めに引くのを忘れずに。

「カジュアル」ワイルドレッド

ワイルドレッド

ラフな雰囲気に合うように、スモーキーベージュのシャドウを薄めに塗るとバランスが取れます。
しかし、引き締めるところは引き締めて!ゆるくなりすぎないようアイラインはやや太めがベター。
まつ毛はふさふさで、ラフなレッドを女らしく見せるとより魅力的な仕上がりに。

お次はベリー派

こちらは、ベリーの持つ女っぽさを活かすのが正解。
アイメイクは切れ長意識。パール感の強いアイシャドウ一色塗りでアンニュイな印象を作ります。

「色っぽ」エレガントベリー

エレガントベリー

しっかりフチ取りをしたベリーのリップはちょっぴり攻撃的。
インライン程度で目元にヌケ感を出すことで、上品な色っぽさが生まれます。

「ハンサム」ワイルドベリー

ワイルドベリー

ラフに広げても、女らしさが失われないのがベリーの魅力。
アイラインは跳ね上げなしで、やや太めにスーっと伸ばしましょう。
こうすることで、媚びない「ハンサムな女」の完成です。

あなたはどのメイクがしたい?
春のリップメイクはマットな「レッドorベリー」で決まりです。

レッド派!? ベリー派!? 2016年春の2大リップ緊急比較

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

byBirth編集部

byBirth編集部

byBirth編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事