黄ばんだ歯にならない為の対策方法

LIFESTYLE

黄ばんだ歯にならない為の対策方法

白い歯が与える印象はとても大きいですよね。歯の黄ばみは、長年の食生活により徐々に歯の表面に浸透していった着色です。たばこを吸ったり、毎日コーヒーを飲んでいない人でも黄ばんでしまいますよね?特に黄ばみを悪化させる食べ物は、、、

shutterstock_135404954

コーヒーや紅茶、烏龍茶などカフェインを多く含む食品
赤ワインやチョコレートなどポリフェノールを多く含む食品
ネギ、にんにくに含まれる硫黄成分
カレーやキムチなどの濃い色の香辛料を使用した料理

1回の食事ですぐに歯が黄ばむ訳ではありませんが、年々色素が歯に沈着して歯を黄ばませてしまいます。

とはいうものの、黄ばみやすいと言われている食べ物や飲み物を、我慢したり、やめるのは大変ですよね。毎日の生活の中で少し気を付けるだけで、歯は黄ばみににくくすることができます♪

shutterstock_171267962

〇飲食した後はなるべく歯磨きをする。もし出来ない場合は、口をすすいだり、お水を飲む
〇飲み物を飲むときにはなるべくストローを使う
〇キシリトール入りのガムを噛む
〇歯磨きはゴシゴシ力を入れずに優しくブラッシングする (力を入れて歯を磨くと、歯の表面が傷つき、ステインが付着しやすくなります。)

shutterstock_184641893

1番危険なのは、食べ終わった後、その口内環境を保ち続けることです。余計に歯に汚れがつきやすくなったり、エナメル質が溶けやすくなったりします。心がけ次第で、黄ばみは予防することができ、白い歯をキープすることは可能です!

しかしタバコのヤニはとても落ちにくく、食品の色素沈着とは比べものにならないほど着色してしまうので禁煙に努めましょう。
着色汚れであるステインと、タバコのニコチン汚れ(ヤニ汚れ)は全く違うもので、歯と歯の隙間にヤニ汚れがたまると歯周病の原因や、口臭の原因にもなります。

歯が白いだけで、随分と印象は変わるものです。ホワイトニングなど、歯を白くする方法はたくさんありますが、まずは自分の歯の黄ばみの原因をしっかり認識することも大切です。是非参考にしてみてくださいね♪

黄ばんだ歯にならない為の対策方法

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

byBirth編集部

byBirth編集部

byBirth編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事