乾燥に負けない!ヨレない!真冬の「クマ」の飛ばし方

MAKEUP

乾燥に負けない!ヨレない!真冬の「クマ」の飛ばし方

いつの時代も、女性たちを悩ませる「クマ」。疲れて見える・老けて見えると良いことなし!隠したいけどカバーしきれない。隠そうとすると新たな問題が発生する・・・。特に冬にありがちなクマをカバーしたことによるお悩み、解決しませんか?

真冬の「クマ」悩み

young beautiful woman applied concealer under the eyes

真冬の大敵と言えば「乾燥」。特に目元は乾燥しやすいパーツです。その目元にできるクマを隠そうとコンシーラーやファンデーションを重ねると、ベースが厚塗りになった結果、より乾燥しやすく、乾燥が目立ちやすくなってしまうんですよね・・・。

特に問題なのは、「シワ」。その重ねたコンシーラーやファンデーションがヒビ割れることで、表情ジワや乾燥ジワが強調されてしまうのです。これって一大事!クマがあるほうがまだましなくらいに老けて見える要因となってしまいます。

乾燥を加速・シワを目立たせたくはない!だけど、クマは隠したい!そんなときに適した方法は?
乾燥に負けない!真冬のカバーテクニックをご紹介します!

真冬のカバーテクニック①「隠す」ことを止めて光(ハイライト)で飛ばす

Pretty woman

「クマを隠そう」そう思うから、どんどんコンシーラーやファンデーションが厚塗りになってしまうのです。厚塗りはメイクのヨレと乾燥の原因そのもの!ですから、まずは完璧に隠すことを諦めましょう。目元のクマやくすみがうっすらカバーできる程度でこれらは終了。あとは「光で飛ばす」戦法にチェンジして。

クマにファンデーションとコンシーラーを薄く塗ったら、ベースメイクを密着させるつもりで、パウダーハイライトをブラシに取り、「さらり」と重ねればOKです。粉状の化粧品の重ね過ぎも、目元の乾燥ジワを目立たせる原因となるので、目のキワのみにアイメイク崩れを防ぐためにルースパウダーをのせたら、クマ周辺はパウダーハイライトのみで良いくらい。逆三角形▽を意識して目の下にのせましょう。

M・A・C ミネラライズ スキンフィニッシュ/ナチュラル ライト

3,800円(税抜)



出典:@cosmeより

ミネラル成分配合で、陶器のような美しいお肌に仕上がるハイライト。こちらをやや硬めの筆に取り、目元にのせるとパッと顔色が明るくなります。もちろん、Tゾーンやほうれい線のカバーなど、目元以外の場所にもこちらを使って。大容量で、コスパの良いコスメです。

真冬のカバーテクニック②コンシーラーではなくオレンジのコントロールカラーでうっすら膜を

Outdoors portrait of beautiful young woman with big eyes

血行不良が原因の青クマ。気温が下がる冬はこれに悩む方が多いです。「青クマにはオレンジのコンシーラーが良い」言われていますよね?だけど、コンシーラーは一般にテクスチャーが硬いので目元のシワが目立ちやすいのです。

そこで活躍するのがコントロールカラー。ゆるいテクスチャーのため馴染みやすく、保湿成分・スキンケア成分などお肌に良いとされる成分を含むものも多く存在します。こちらを目元のみに下地の代わりにうっすらと重ねて、あとは通常通りのメイクをすればOKです。コンシーラーよりカバー力は劣りますが、その分他のパーツとも自然に馴染ませやすく、薄付きのベースメイクをキープできるためナチュラル思考・絶対にヨレたくない方にピッタリです。

ランコム ラ バーズ プロ カラー コレクター 03 コライユ

4,800円(税抜)



出典:@cosmeより

スキンケア成分を配合したコントロールカラーです。パールパウダー&グローパウダーにより、色でカバーする以外にも光で飛ばす効果も期待できるため、クマ隠しに最適といえるでしょう。顔色そのものが悪い!という方は、お顔全体に使ってみてください。

真冬のカバーテクニック③美容液成分入りのコンシーラーなら保湿もできる

Portrait of young woman applying moisturizer cream

最近では、「まるでアイクリーム?!」と感じるほどに美容液成分がたっぷりと含まれたコンシーラーが多数存在します。これらを選んでカバーをすれば、目元を乾燥から守りながらクマをカバーする事が可能です。

とはいえ、アイクリームもコンシーラーも塗りすぎは逆効果。「保湿もできるしカバーもしたいし♪」と重ね過ぎるとヨレの原因となります。双方の適量を考え、正しく使うようにしましょうね。

24h cosme 24h コンシーラUV

3,333円(税抜)



出典:@cosmeより

「24時間落とさなくてOK」な100%天然成分でできたコンシーラーなので、目元に負担をかけにくいのが特徴です。2色を混ぜて、自分なりの色を作り、カバーをしましょう。天然由来系のコスメってカバー力が低いと思っている方はぜひ、こちらを手に取ってみて!重たくないのにしっかりカバーをしてくれる優れものなのです。

自分なりの合わせ技もしてみては?!

Beautiful young woman on the beach

①~③のテクニックは、単品使用をしなくてはならないものではありません。自分なりの合わせ技で、よりカバーができ、乾燥・ヨレから目元を守ることができる方法を見つけてみてくださいね。

クマなし!乾燥知らずの目元で、真冬も一日中綺麗をキープしませんか?

乾燥に負けない!ヨレない!真冬の「クマ」の飛ばし方

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

byBirth編集部

byBirth編集部

byBirth編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事