流行りの濡れ髪になれるヘアスタイリング剤を紹介!種類と特徴も解説!

HAIR

流行りの濡れ髪になれるヘアスタイリング剤を紹介!種類と特徴も解説!

この記事では、ヘアスタイリング剤の種類、髪質やなりたいヘアスタイル別におすすめのスタイリング剤を紹介しています。
様々な種類があるので、この記事を参考にしてお気に入りのヘアスタイリング剤を見つけてください。

流行りの濡れ髪になれるヘアスタイリング剤を紹介!種類と特徴も解説!

流行りの濡れ髪になれるヘアスタイリング剤を紹介
出典:byBirth

ヘアスタイリング剤とは、ヘアスタイルをキープしたり、髪の手触りを良くしたりするアイテムです。ヘアスタイリング剤は、髪質やなりたいヘアスタイルによって使い分けるのがおすすめです。

ヘアスタイリング剤の種類

ヘアスタイリング剤の種類
出典:byBirth

ヘアスタイリング剤には様々な種類があります。髪質やなりたい髪の印象に合わせて使い分けましょう。それぞれ解説していきます。

ワックス

ワックス
出典:byBirth

ヘアワックスは、ショートヘアからロングヘアまで、どんな髪質の方でも幅広く使える万能アイテムです。ワックスのテクスチャーは多くの種類があるため、硬めが良いのか柔らかめが良いのか、なりたいヘアによって選んで下さい。

スプレー

スプレー
出典:byBirth

ヘアスプレーは、まとめ髪やコテで巻いた髪を固めてキープしてくれるものです。スプレータイプもキープ力に種類があり、ハードタイプやナチュラルタイプなど、様々な種類があるのでご自身のなりたいヘアによって選んでください。特に髪が細い方におすすめです。

ムース

ムース
出典:byBirth

ムースはパーマをかけている方やくせ毛を活かしたスタイリングをする時におすすめのアイテムです。主にカールが取れかけている所にムースを使うと、ふんわり弾力があるカールが復活します。パーマで髪がパサついている時もうるおいを与えてくれます。

ジェル

ジェル
出典:byBirth

濡れ髪になりたい方に一番おすすめのアイテムです。ジュレタイプ、グロスタイプなどと言われている商品もあります。ツヤ感とジェルのみずみずしいテクスチャーが濡れ髪にぴったりです。

ロングヘアの方よりもショートヘアの方のほうがジェルは使いやすいです。特に髪が太い方におすすめです。細い束感ができます。

なりたいヘアスタイル別のおすすめ

なりたいヘアスタイル別のおすすめ
出典:byBirth

濡れ髪

濡れ髪になりたい時は、ジェルやワックスがおすすめです。硬さを選べるものが多いので、柔らかめのテクスチャーのものを選べば、ツヤ感のある濡れ髪になれます。スタイリング用のヘアオイルもおすすめ。

エアリー

エアリーヘアには、スプレーやワックスがおすすめです。コテで巻いた後はキープ力の高いスプレーやワックスで固めましょう。

パーマ

パーマをかけている方はムースがおすすめです。上記でもお伝えしている通り、パーマが取れかかっていてもムースを付ければおしゃれに仕上がるので、パーマの方にムースは必須アイテムですね。

ストレート

ストレートヘアの方は、あまりヘアスタイリング剤を付けない方も多いですよね。保湿のためにヘアミストやミルクなどを付けることが多いかと思います。もし濡れ髪やツヤ感が欲しい時は、ツヤ出しスプレーなどがおすすめです。

おすすめのヘアスタイリング剤を紹介!

ナプラ N. ポリッシュオイル

天然由来成分のみでできたヘアオイルです。スタイリングの仕上げに使います。コテを使う時は巻いた後に使います。指の間にも伸ばしたら、毛先中心に手ぐしでとかすようになじませます。ツヤ感と軽やかな動きを与えます。

また、スタイリング剤としてだけでなく、お風呂上がりの保湿オイルとしても使えます。その場合はドライヤーの前に付けてから乾かしましょう。香りは温かみのあるマンダリンオレンジ&ベルガモットの香りです。

ナプラ N. ナチュラルバーム

こちらのアイテムも天然由来原料のみで作られています。適量を手のひらに取り、良く伸ばしてオイル状にしてから使います。なんと手に残ったバームは保湿のハンドクリームとしても使えるとのことなので、付けた後に手を洗わなくても良いのが嬉しいポイントですよね。

ワックスですが、硬すぎないテクスチャーなので自然な束感ができます。重い感じがないので、ワックス初心者の方にも使いやすいと思います。

uka ヘアワックス グロッシーニュアンス

みずみずしい質感とツヤを与えるワックスです。簡単にセミウェットなスタイルを実現。ベタ付かず重くならないので、使いやすいテクスチャーです。

香りはサンダルウッドやゼラニウムなどの華やかな香りです。少し多めに付けることでグロッシーな濡れ髪が作れます。まとめ髪やパーマをかけた髪にもおすすめです。

まとめ

この記事では、ヘアスタイリング剤の種類・なりたいヘアスタイル別のおすすめ・おすすめのヘアスタイリング剤を紹介しました。

なりたいヘアスタイリングによって使うアイテムを変えるのがポイントです。特に今流行りの濡れ髪は、ジェルやワックス、オイルなどを使えば作れるので、ご自身の好きなテクスチャーのものを選びましょう。

流行りの濡れ髪になれるヘアスタイリング剤を紹介!種類と特徴も解説!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

片平奈菜

片平奈菜コスメコンシェルジュ/美容ライター

メイクやスキンケアが好きな30代です。複数のWebメディアにて執筆しております。元美容部員の経験を活かして、役に立つ美容の情報を発信しています。

Instagram https://www.instagram.com/nana_k.cosme
Twitter https://twitter.com/nana_k_cosme
blog https://nanas-cosme.com/