メイクは薄いのに派手顔になる方必見!脱・派手顔テクニック!

MAKEUP

メイクは薄いのに派手顔になる方必見!脱・派手顔テクニック!

派手顔になる方の特徴は、顔タイプでいうとクールタイプ・エレガントタイプの方たち。目鼻立ちがはっきりとしているので、大人っぽくみられがちです。
この記事では、顔タイプがクールさん・エレガントさんに向けた、脱・派手顔テクニックを発信しています。また、目がぱっちりしている方の悩みとして最も多いのがくまです。その対処法も紹介しています。

メイクは薄いのに派手顔になる方必見!脱・派手顔テクニック!

脱・派手顔テクニック
出典:byBirth

なぜ派手顔に見られるの!?

なぜかというと、骨格の凹凸があるタイプなので、少しメイクをするだけで濃く見られてしまうのです。上の画像の外国の方のようなイメージですね。日本人の方は彫りが浅い方が多いので、少しでも濃いと浮いてしまう感覚になります。

贅沢な悩みと思われる方もいると思いますが、きつく見られたりもするので、薄い顔になりたい…と思う方も多いです。

※ちなみにクールタイプさんは、比較的メイクを濃くしても違和感が出にくいので、ご自身が嫌でなければ、華やかなメイクにするのもおすすめです。

脱・派手顔テクニック

脱・派手顔のポイントは、引き算メイクとベースメイクです。

ハイライト・シェーディングの入れ方

ハイライト・シェーディングの入れ方
出典:byBirth

通常だと、ふっくらして見せたい所(Tゾーンと目の下)にハイライト、くぼんで見せたい所(眉頭から鼻筋の横)にシェーディング!が基本ですよね。

しかし、派手顔でお悩みの方は、この逆の入れ方をすると良いです。

  • ハイライトはTゾーンには塗らずに、目のくぼみに入れる。お肌の色より明るいコンシーラーでもOK!
  • シェーディングは顔回りのみでOK!ハイライトをたくさん入れているので、顔回りはしっかりシェーディングを入れて締めていきましょう!

ベースメイクはこの2つを意識すればいいのです。

アイメイク

アイメイクは一番派手に見られやすい所です。

アイブロウ

アイブロウ
出典:byBirth

アイブロウはしっかり書くと濃く見えるので、パウダーでふんわりとさせるのがポイント。眉尻以外はペンシルは使わなくても良いです。

アイブロウブラシは付属の短いブラシだと書きにくいので、専用のブラシを購入した方が書きやすいです。

アイシャドウ

アイシャドウ
出典:byBirth

よくアイパレットに入っているシェードカラー(締め色)を二重幅に太く入れてしまうと、濃く見えてしまいます。濃い色はアイラインの様に細く入れるだけで、基本的に上記のようなミディアムカラーをワントーンで入れたりすると、引き算メイクになって優しいお顔に見えます。

アイライン

アイライン
出典:byBirth

アイラインは引かなくてもいいくらいです。もし入れるのであれば、黒目の上だけやインラインだけなどにしましょう。また、ブラックのアイラインだときつく見られてしまうので、ブラウン系のナチュラルなカラーを選びましょう!

マスカラ

マスカラ
出典:byBirth

まつ毛はもともと濃い方が多いので、ビューラーで上げすぎなくてもOKです!軽くマスカラを塗るだけで充分です。カラーはアイライン同様ブラウンがおすすめ。

チーク

チーク
出典:byBirth

チークは薄いピンクかブラウンチークがおすすめ。横長にチークを入れましょう。

なぜ横長に入れるのかというと、メイクが濃く見られるお顔のタイプは、クールタイプやエレガントタイプの方です。このような方は面長なので、斜めに入れるとより面長が強調されてしまうので、横長に入れます。

リップ

リップ
出典:byBirth

リップは馴染みの良い色を使いましょう!そして、リップの輪郭をくっきりと描いてしまうと目立ち過ぎてしまうので、ポンポンとスタンプをするように乗せていきます。指で乗せてもOK!

リップグロスのみでもOK!その場合、ラメの物ではなくクリアタイプのリップグロスがおすすめです!

目が大きい方のお悩みのくま!

メイクでの対策

メイクでの対策
出典:byBirth

目が大きい方は、眼球が前に出ている事が多いので、くまの様な影ができてしまうのです。(実際にくまがある場合と、影がくまに見えている場合がある)なので、目の周りはハイライトやコンシーラーなどの明るい色でカバーする必要があります。

スキンケアでの対策

スキンケアでの対策
出典:byBirth

スキンケアは目元のケアを重点的に行いましょう。目元は皮膚が薄い上に、まばたきで絶えず動いている部分なので、シワや乾燥に繋がりやすいです。

目元がぷっくりとすれば、くまも目立たなくなるので、アイクリームは必須です。

特に血行不良には、カプサイシンやカフェインの成分の入ったアイクリーム。たるみが気になる場合は、レチノールやビタミンC誘導体、ペプチドなどの成分が入っているアイクリームがおすすめです。

まとめ

この記事では、顔タイプクールさん・エレガントさんに向けた、脱・派手顔テクニックと、くまの対策を発信しました。

一見羨ましいと思われる派手顔さんでも、このようにコンプレックスを感じている方も多いことが分かりましたね。脱・派手顔を目指して、引き算メイクを心掛けて、メイクのやり方を変えてみましょう!

メイクは薄いのに派手顔になる方必見!脱・派手顔テクニック!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

片平奈菜

片平奈菜コスメコンシェルジュ/美容ライター

メイクやスキンケアが好きな30代です。複数のWebメディアにて執筆しております。元美容部員の経験を活かして、役に立つ美容の情報を発信しています。

Instagram https://www.instagram.com/nana_k.cosme
Twitter https://twitter.com/nana_k_cosme