ダイエット中こそ楽しみたい。持ち運びできるこだわり手作りスイーツ3つ

FOOD

ダイエット中こそ楽しみたい。持ち運びできるこだわり手作りスイーツ3つ

ダイエットを長く続けるコツは、なるべく苦しくならないように、好きなものを我慢しないこと。今回はダイエット中の手作りおやつにもってこいの“ココナッツオイルチョコレート”、“ブリスボール”、“大豆粉で作ったチーズケーキ”のレシピを紹介します。

持ち運びできるこだわり手作りスイーツ3つ

持ち運びできるこだわり手作りスイーツ3つ
出典:GODMake.

ダイエットにつきものなのが、食事管理。食事管理をするためには、日頃のおやつも質のいいものを食べる必要がありますよね。

ダイエットを長く続けるコツは、なるべく苦しくならないように、好きなものを我慢しないこと。無理をしないで、おいしいものを我慢しないでほどほどに食べるというのは、ダイエットを継続する上でとても大切なことなんですよ。

今回おすすめするのが、“ココナッツオイルチョコレート”、“ブリスボール”、“大豆粉で作ったチーズケーキ”です。

これら、味のクオリティが高いだけでなく、体にいい成分を沢山使っており、味もおいしく、とっても簡単に作ることができます。

ココナッツオイルチョコレート

ココナッツオイルチョコレート
出典:GODMake.

美容効果の高いココナッツオイル。ココナッツオイルは、便秘改善や肌の潤いをキープできる気がするので、筆者も日頃から摂取しています。

ダイエット中にどうしても欲しくなるチョコレートも、ジューシーなココナッツオイルを使えば、味も栄養も大満足なはず!

材料(20粒分)

  • ピュアココナッツオイル(50g)
  • アーモンドプードル(くるみや大豆粉でも可)(30g)
  • ラカント(20g)
  • ピュアココア バンホーテン(お好みで)(20g)
  • フレッシュミルク(小さじ1)
  • 抹茶(少量)(10g)

レシピ

  1. ココナッツオイルを湯せんで溶かす(電子レンジでも可)
  2. ラカントをココナッツオイルに混ぜる ※溶けにくいのでよくかき混ぜる
  3. ピュアココアを混ぜる
  4. アーモンドプードルを混ぜる
  5. まろやかな仕上がりにしたい人はフレッシュミルクやアーモンド・ミルクを足してもGOOD

風味

ココナッツオイルの、ココナッツ感の強いジューシーな味わいが美味しいです。ココナッツオイルはサラサラしているのが特徴。口にいれたら口の中で優しく溶け、とってもおいしいんです。

注意点

ココナッツオイルもチョコレートも溶けやすいので、持ち歩く場合はなるべく冷やすことを意識してみてくださいね。タッパーなどにいれる場合は、隣に保冷剤を置いて、チョコレートを固めることが大事です。

夏場に持ち歩くとドロドロに溶けていることが多々あるので、気をつけましょう。

ブリスボール

ブリスボール
出典:GODMake.

ブリスボールは主にナッツ、オートミールをつかっています。食べ応えがしっかりしていて、とってもおいしいんですよ。満足感も高いです。日頃のダイエットのストレスを緩和してくれるでしょう。

材料(10個分)

  • アーモンド(10粒)
  • ココナッツパウダー
  • オートミール(20g)
  • おからパウダー(5g)
  • ドライデーツ(3粒)
  • ラカント(5g)
  • 抹茶(小さじ1)
  • ピュアココア(小さじ1)
  • ココナッツファイン(20g)
  • 水(適量)

レシピ

  1. オートミール、おからパウダー、アーモンド(くるみでも良い)、ドライフルーツ、ラカントをミルに入れ、攪拌する
  2. 容器に移し、水を加えながら粘り気が出るまで、混ぜ合わせる。目安は人の耳たぶぐらいの柔らかさ
  3. 3つに分ける
    〈1〉そのまま
    〈2〉抹茶を混ぜ合わせる
    〈3〉ピュアココアを混ぜ合わせる。お好みでシナモンを入れても良い
  4. 〈1〉~〈3〉それぞれをひと口サイズのボールにし、ココナッツファインをまぶしてできあがり

風味

グラノラなど、朝に食べるような味わいがお好きな方にはおすすめの味です。ナッツの濃厚さとドライフルーツの甘酸っぱさが口一杯に広がります。食べ応え・噛みごたえもしっかりあるので、ダイエット中の辛い空腹感にも対応してくれますよ。ココナッツの食感もおいしさを引き立てます。

注意点

こちらのスイーツは食べ過ぎたらダイエットの意味がありません。なるべく、1日5個までにしておくなど、個数を決めないとどんどん惰性で食べ過ぎてしまうので注意が必要です。

大豆粉で作ったチーズケーキ

チーズケーキ
出典:GODMake.

こちらのチーズケーキは、大豆粉で作っているというのがポイント。大豆粉で作っているので、完全なるグルテンフリーなんです。ダイエットの時でもケーキが食べられるが実現できますよ。

材料

  • 大豆粉/おからパウダー(30g)
  • 卵(2個)
  • ラカント(大さじ3)
  • クリームチーズ(100g)
  • 豆乳グルト(大さじ2)
  • バニラエッセンス(少々)
  • くるみパウダー(20g)
  • ベーキングパウダー(5g)
  • りんごスライス(りんご4分の1)

レシピ

  1. 卵をよく泡立てる
  2. 1にラカントを入れてよく混ぜる
  3. クリームチーズをよく練る
  4. 3におからパウダーを入れてよく混ぜる
  5. 4に2を少しずつ入れてまぜ合わせる
  6. 生地を2つに分け、1つにココアパウダーを混ぜ合わせる
  7. ベーキングパウダーを入れて型に入れる
  8. お好みで表面にクルミやアーモンドを飾ってもよい
  9. 180度のオーブンで20分加熱する

風味

大豆粉チーズケーキは、しっとりとしてほのかに甘い風味が特徴的。ダイエット中にどうしてもケーキが食べたくなったときのお助けケーキとして、ダイエット中に大活躍してくれますよ。

注意点

外出するときは、一口大の大きさにカットして持って行くのがおすすめです。

アレンジ方法

  1. 焼きリンゴ
  2. 豆乳ホイップクリーム+マヌカハニー

ダイエット中でもホイップクリームのようなこってりしたものが食べたい…そんなこともありますよね。そんな時におすすめなのが、豆乳のホイップクリーム。お家にいる時なら、自由に量を調節してみて。普通のホイップクリームと比べて半分のカロリーなので、罪悪感を感じません。

なるべく好きなものを我慢しないで、罪悪感を感じないというのも、ダイエットの大切なポイントです。使えるものは有効活用していきたいですよね。

ヘルシー系甘味料のマヌカハニーをトッピングすれば、ボリューム満点になりますよ。

無理せず楽しくダイエットを!

ケーキ
出典:GODMake.

いかがでしたか?ダイエット成功のコツは無理をしないで続けること。

食べても太らないレシピで、おいしくダイエットを楽しんでくださいね。

ダイエット中こそ楽しみたい。持ち運びできるこだわり手作りスイーツ3つ

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

黒木 莉紗

黒木 莉紗

美容ライター。学生時代より複数の女性向けメディアにて執筆活動をしながら、モデル、ミス・アースコンテスト、anan読者のライザップモニター企画、14kgの減量などの経験を通し、“美しくなること”の大切さ・楽しさを実感。年齢・タイプ問わずTPOに合わせた美容情報をお届けします♡

https://www.instagram.com/risa_rily_31/?hl=ja