ダイエットしたいならとにかく書くべし!「レコーディングダイエット」を続けるコツ

BODY CARE

ダイエットしたいならとにかく書くべし!「レコーディングダイエット」を続けるコツ

shutterstock_266441018

食べたものや体重、体調…体のコンディションを記録するだけでダイエットを意識するようになり、自然と痩せていくといわれている「レコーディングダイエット」。
でも、いくら記録するだけで痩せられると言われても、実際に仕事や家事をこなしながら、日々の習慣を記録していくって、なかなか大変ですよね。

普段からメモする癖がついているならまだしも、細々とした作業は苦手!というズボラ女子にとって「レコーディングダイエット」を続けていくのは至難の業。
そこで今回は「レコーディングダイエット」を続けるコツについてご紹介してまいります。

■記録する「時間帯」を決めておく

shutterstock_188249969

毎日忙しくて記録する暇なんてない!と訴える人もきっと多いでしょう。しかし、本当に忙しいですか?合間にSNSを開いて、ぼ~っと他人の近況をチェックしている時間があるなら、その日の体重くらいはノートに書き込めますよね。「忙しさ」は何か行動を起こすにあたって理由にはならず、ただの言い訳にしかすぎません。なかなか記録する癖がないなら、せめてノートに記入する時間帯を決めておけば、続けられやすくなるかもしれませんよ。

たとえば会社を出た後に、そのまま直接家に帰るのではなく、一度、カフェによってダイエットノートを開き、前日分の記録をする。あとは毎日コツコツと繰り返していくうちに、あっという間に一週間の体調の変化がノートをみたら分かるようになっています。「時間帯」さえ決めておけば、あとはその習慣を継続するだけでOK!

■忙しいときは付箋やメモ帳に軽く書いておく

shutterstock_258861776

ダイエットとはいえ、仕事が忙しくなってくると、それどころではなくなってきますよね。ましてやこれからは年末年始や新年を控えている状況ですから、通常よりもそれぞれの業務がキツキツな状態になっているでしょう。そういうときは、せめて後からまとめてノートに書き込めるように、付箋やメモ帳、あるいは手帳の端に軽くメモしておくだけでも、レコーディングダイエットを継続できていることになります。ただし、付箋に書いたまま満足せず、必ず時間ができたときに、ノートにまとめるところまでやり切りましょうね♪

いかがでしたか?

ほんの少し工夫するだけで、どんなにズボラな人でもレコーディングダイエットを続けられるようになります。「忙しいから」「私にはそんな時間がない」と言い訳せずに、本気で痩せたいなら、スキマ時間を上手に活用して、体調や体重の記録を続けていきましょう!

ダイエットしたいならとにかく書くべし!「レコーディングダイエット」を続けるコツ

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

byBirth編集部

byBirth編集部

byBirth編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事