私もチャレンジしたい!ショートカットの似合わせテク3つ

HAIR

私もチャレンジしたい!ショートカットの似合わせテク3つ

2015y05m25d_123924851

ショートカットにしてみたいけど、私の顔立ちじゃ無理……。チャレンジする前から諦めていたらもったいないですよ!

たしかにショートカットに似合う・似合わないの顔立ちはありますが、少し工夫するだけで、誰でも簡単にショートヘアが似合うようになるんです♪
そこで今回は、私もチャレンジしてみたい!ショートカットの似合わせテク3つをご紹介いたします。

■顔周りにレイヤーを入れる

Beautiful smiling young woman with pine tree background

ショートカットをするうえで心配なことといえば、顔が丸く見えてしまうこと。

顔が大きい人はショートカットにしちゃいけないの?と思うかもしれませんが、顔周りにレイヤーを入れてもらうだけでも、小顔効果があるんですよ。

トップを長くせずふんわりと仕上げてもらうようにすれば、スタイリングでさらに小顔に大変身。美容室でショートヘアにしてもらうときは、美容師さんと相談しながら、顔周りにレイヤーを入れてもらいましょうね!

■シルエットは「丸く」

バサッと短く切ってしまうと、男っぽくみえてしまう場合もあります。女子らしさをだすためには、シルエットを丸くすることが大切。思い切って短くするときは、自分の髪質や癖を把握しているベテランの美容師さんに頼むと、理想通りのシルエットにしてもらえますよ。

ショートカットはスタイリングによって印象が変わるため、切ってもらっている間に、美容師さんからスタイリング方法を教えてもらえば、普段もヘアアレンジを楽しむことができます。

■前髪は長めに

2015y05m25d_123543210

ショートカット×パッツン前髪も人気のヘアスタイルですが、初心者にとってはかなりハードルが高くなってしまいます。仮に似合ったとしても、今度はメイクやファッションを変えていかなければいけないので何かと面倒臭くなるんです。

ショートにするときは、前髪を長めにしてもらって、その日の気分に合わせて、ヘアピンで留めたり、編み込むなどしてアレンジを楽しんでいきましょう♪

いかがでしたか?

自分に似合うショートカットにするためには、やはり美容師さんの技量も重要になってきます。普段、通い慣れているお店であれば、髪質や癖を把握しているはずなので安心。

ハードなことに挑戦するからといって、無理やりオシャレな美容院に変える必要はありません。あとは、当日切りながら、美容師さんと相談して、自分の顔や雰囲気に合わせて切ってもらうようにしましょう♪

私もチャレンジしたい!ショートカットの似合わせテク3つ

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

byBirth編集部

byBirth編集部

byBirth編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事