”汗っかき”さん必見!「崩れる想定」ベースメイクテクニック

MAKEUP

”汗っかき”さん必見!「崩れる想定」ベースメイクテクニック

暑い季節は、汗や皮脂によるメイク崩れは当たり前。とくにベースメイクに関しては強くそう言えます。汗をかきやすい体質の人は、“崩れにくいベースメイク”ではなく、“崩れる想定”のベースメイクをしたほうが、時間が経ってもキレイな肌でいられます。

“厚塗り”は崩れの元凶!とにかく薄く!

①「日焼け止め下地」or「日焼け止め」の”どちらか一方”を顔全体に

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

メイクを崩したくないときって、何種類ものアイテムを重ねて鉄壁ガードをしたくなってしまうもの。ですが、重ねれば重ねるほどメイク崩れの原因となってしまうのです。 夏のベースメイクにおいて、なにがなんでも削ることができないのは「日焼け止め」ですよね。

日焼け止めと化粧下地をそれぞれ別で重ねるのではなく、「日焼け止め効果のある下地」or「日焼け止めを単体」で使用してください。

②「クリームタイプコンシーラー」を必要最低限の箇所に塗る

rms beauty アンカバーアップ

日焼け止め効果のある下地or日焼け止めを塗ったら、ファンデーションはカット。赤みや肌荒れ、クマなどカバーをしたいトラブルに、ピンポイントでコンシーラーを使用してください。

このとき、クリームタイプのものを選ぶと、カバー力・伸び・密着度などに満足ができます。少量を叩き込むのようにして気になるところに馴染ませましょう。

③上から「ルースパウダー」を重ねてベースは終了

ジバンシイ プリズム・リーブル

仕上げにルールパウダーを重ねたらベースメイクは終わりです。必要があれば、ハイライトやシェーディングを軽く重ねてください。ベースメイクがナチュラルなことにより、立体感が失われていないのであれば、省いてしまって問題ありません。

④「チーク」は取れる想定でナシ!!「リップメイク」で血色感を

オペラ シアーリップカラー N

汗をかくタイプの人にとってチークは鬼門。もはや、崩れてしまうのは必然とも言えるでしょう。そこで、はじめからチークは取れてしまう想定で入れません。顔の血色感は、手軽にお直しができるリップメイクで補いましょう。

唇の色が血色を帯びていれば、顔色が悪く見えてしまう心配はありません。

汗をかいてベースメイクが取れてしまったら?!

①「日焼け止め」から塗り直す

ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト 50

ベースメイクが汗や皮脂で崩れてしまうことで最も心配なのは、日焼け止めが取れてしまうこと。メイクが崩れているのはその場限りの問題ですが、誤って日焼けをしてしまうのは一生ものの大問題です。 このときのために薄くメイクをしているのですもの!

崩れを感じたら、臆することなく日焼け止めを最初から塗り直してください。クッションタイプであれば、手を汚すことなく塗れますよ。特に、日焼けをしやすい頬の高いところや額・鼻は念入りに。

②出先では「スティックコンシーラー」が役に立つ

イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ

もし、ベースメイクが崩れたことによりカバーしたい部分のメイクも取れてしまった場合は、コンシーラーもつけ足します。出先では、狙ったところに使用できる、スティックタイプのコンシーラーが便利です。

午後になると目立ち始める表情ジワに、ハイライト代わりに入れることも可能です。

③「プレストパウダー」でサラリとフタを

メイクアップフォーエバー ウルトラHDプレストパウダー

最後にお粉を使うのは朝と同じ。ただし、外出先ではプレストタイプのパウダーが活躍します。持ち運びに適したコンパクトな形状で、しかも午後のくすみを払拭してくれる色味が揃います。

ブラシやパフを使って、テカリが気になるところやお直しをしたパーツにサラッとフタをする感覚で重ねましょう。ベースメイクを一からお直しするまでもないけれど、多少のテカリが気になるというときは、プレストパウダーを使用するだけで、肌が復活することもあります。

”崩さない”と思うと厚塗りに!!”崩れる想定”が最もキレイ!!

Portrait of Beautiful Young Fashion Sexy Bride Isolated . Jewelry and

ベースメイクを絶対に崩したくない!!と「ウォータプルーフ」「汗・皮脂に強い」「テカリをおさえる」・・・などと書かれたコスメを多数重ねたくなってしまう気持ちは良くわかります。

ですが、それらは実は逆効果。重ねれば重ねるほど、崩れるリスクが高まってしまいます。しかも、厚塗りメイクが崩れたときって、修復不可能なほど、悲惨な状態になってしまいます。

汗っかきさんの正しい選択は“崩れる想定”の、簡単にメイクをし直せる薄メイクをすることです。すると、案外メイク崩れが気にならなくなるものです。万が一崩れてしまったときも、簡単に初めからお直しができるため、一日中キレイな肌を保てます。

”汗っかき”さん必見!「崩れる想定」ベースメイクテクニック

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

byBirth編集部

byBirth編集部

byBirth編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事